比嘉賢伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
比嘉 賢伸
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市大正区
生年月日 (2000-01-12) 2000年1月12日(22歳)
身長
体重
178 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2017年 育成選手ドラフト1位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

比嘉 賢伸(ひが けんしん、2000年1月12日 - )は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手内野手)。右投左打。プロでは育成選手であった。

経歴[編集]

大阪市立大正東中学校では大正ボーイズに所属。チームメイトには阪口皓亮がいた[1]

進学した盛岡大学附属高等学校では、2年、3年、3年夏と3度甲子園に出場。2年秋からは主将を務め、4番・遊撃手として春夏連続のベスト8進出に貢献した[2]。高校通算37本塁打。

2017年10月26日プロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツから育成選手ドラフト1位指名を受け[3]11月9日に支度金200万円、年俸250万円で仮契約を結んだ[2]。背番号は001

左の長距離砲として期待されていたが、2018年イースタン・リーグの出場は1試合のみ、2019年もイースタン12試合出場、13打数2安打、打率.154の成績にとどまった[4]

2020年はイースタンの出場はなく、三軍でも16打数3安打、打率.188、0本、1打点の成績に終わり、11月2日に戦力外通告が公示された[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 001(2018年 - 2020年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 第588回  比嘉 賢伸(盛岡大附)「心が変われば、誰でも進化出来る」”. 高校野球ドットコム (2017年10月18日). 2021年2月7日閲覧。
  2. ^ a b 巨人育成1位比嘉が仮契約「わんこそば打撃」継続だ”. 日刊スポーツ (2017年11月10日). 2021年2月7日閲覧。
  3. ^ 育成ドラフトで8選手”. 読売ジャイアンツ (2017年10月26日). 2021年2月7日閲覧。
  4. ^ 【巨人】比嘉昇る…比嘉賢伸、高校37発もプロ3発 悲願支配下へ勝負の3年目”. スポーツ報知 (2019年11月30日). 2021年2月7日閲覧。
  5. ^ 来季の契約について”. 読売ジャイアンツ公式サイト (2020年11月2日). 2021年2月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]