死の手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
死の手
種類 指揮・情報伝達システム
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備期間 1985年1月 - 現在
配備先 ロシア戦略ロケット軍
関連戦争・紛争 冷戦
開発史
製造数 1
テンプレートを表示

死の手(しのて、英語: Dead Hand)またはシステマ・ペリメートル[1]ロシア語: Система «Периметр»ロシア語ラテン翻字: Systema "Perimetr"英語: "Perimeter" SystemGRAU: 15E601)は、ロシアが使用していると推定されている核兵器自動制御システム[2][3]

概要[編集]

冷戦時代にはソビエト連邦が使用していた[4]フェイルデッドリー相互確証破壊の一例であり、地震や光、放射能、圧力センサーで他国の核攻撃を検知した場合、指揮系統が完全に破壊されていても、ロシア連邦軍参謀本部戦略ミサイル軍管理部から司令部や各サイロに事前に入力しておいた最高権威の命令により自動的に大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射を開始させることができる。大方の説明では、普段は電源が切れており、危機の時に起動することになっているが、必要な時にはいつでもその目的を果たせるように完全な機能が維持されていると推定されている[5]

ロシア西部に位置するコスビンスキー山英語版の地下基地に配備されていると推定されている[6]

歴史[編集]

死の手の目的は、ソビエト連邦指導部を崩壊させたとしてもソビエト連邦軍の核兵器行使を妨げないようにすることであり、すなわち第二撃能力英語版を維持することである。

1967年、ソビエト連邦は「シグナル」と呼ばれる、司令部からミサイル部隊に30もの命令をあらかじめ作成できるシステムを作ろうとした[4]。 当時、このシステムはまだ完全に自動化されていなかった。

1990年代初頭、ソビエト連邦軍とソビエト連邦共産党中央委員会の元高官数名が死の手の存在を認めたが、その配備に関してやや矛盾した発言をしている[7]

1992年、元ロシア戦略ロケット軍参謀次長のバルフォロメイ・コロブシンは、ロシアは危機の時にのみ作動するシステムを持っており、そのシステムでは、すべての核司令部と指導部が破壊されたとしても、光、放射能、過圧の検知によって自動的にすべてのミサイルを発射すると述べている[8]。また、参謀総長の教義・戦略担当補佐官を務めていたアンドリアン・ダニレビッチ大佐は、効率的な早期警戒システムの出現とミサイルの即応性の向上により、死の手は不要となっているといい、「死の手は検討されたが、自動トリガーシステムは危険すぎるとソビエト連邦は考えていた」と述べ、死の手の運用を否定している[9]

2011年、ロシア戦略ロケット軍上級大将セルゲイ・カラカエフロシア語版コムソモリスカヤ・プラウダのインタビューで、死の手の運用状態を確認した[10]

2018年、元ロシア戦略ロケット軍上級大将のヴィクトール・イェシンロシア語版は、アメリカの中距離核戦力全廃条約離脱に伴い、死の手が効力を失うかもしれないと述べている[11]

死の手を扱った作品[編集]

小説[編集]

漫画[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ プーチン「核破滅」Xデーは4月末” (日本語). 週刊文春 電子版. 文藝春秋 (2022年3月23日). 2022年3月27日閲覧。
  2. ^ Russia, Military Power: Building a Military to Support Great Power Aspirations”. Defense Intelligence Agency (2017年). 2019年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月5日閲覧。
  3. ^ Bender, Jeremy (2014年9月5日). “Russia May Still Have An Automated Nuclear Launch System Aimed Across The Northern Hemisphere”. Business Insider. オリジナルの2015年6月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150621124359/http://www.businessinsider.com.au/russias-dead-hand-system-may-still-be-active-2014-9 2015年6月21日閲覧。 
  4. ^ a b The Origin of Buzzer Monolyths, The Soviet Nuclear Defense System, and The Myth of the Dead Hand” (英語). The NSRIC. 2015年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月30日閲覧。
  5. ^ Thompson, Nicholas (2009年9月21日). “Inside the Apocalyptic Soviet Doomsday Machine” (英語). Wired 17 (10). オリジナルの2014年4月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140418085211/http://archive.wired.com/politics/security/magazine/17-10/mf_deadhand 2014年4月10日閲覧。 
  6. ^ Rosenbaum, Ron (2007年8月31日). “Did the Soviets really build a "doomsday machine"?” (英語). Slate Magazine. 2022年3月27日閲覧。
  7. ^ Hines, John G (1995), “II. Soviet View of the Strategic Relationship”, [Dead hand Bomb is very Dangerous be careful - Rithik Boddu https://web.archive.org/web/20100531091543/http://www.gwu.edu/~nsarchiv/nukevault/ebb285/doc02_I_ch2.pdf Soviet Intentions 1965–1985], BDM Federal, pp. 9–21, オリジナルの31 May 2010時点におけるアーカイブ。, http://www.gwu.edu/~nsarchiv/nukevault/ebb285/doc02_I_ch2.pdf 2010年5月23日閲覧。 
  8. ^ Summary of narrative: Korobushin, II, GWU, pp. 106–108, オリジナルの31 May 2010時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20100531091407/http://www.gwu.edu/~nsarchiv/nukevault/ebb285/vol%20II%20Korobushin.PDF 2010年5月23日閲覧。 
  9. ^ Summary of narrative: Danilevich, II, GWU, pp. 19–69, オリジナルの31 May 2010時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20100531091219/http://www.gwu.edu/~nsarchiv/nukevault/ebb285/vol%20iI%20Danilevich.pdf 2010年5月23日閲覧。 
  10. ^ Baranets, Viktor (2011年12月16日). Командующий РВСН генерал-лейтенант Сергей Каракаев: "Владимир Владимирович был прав - мы можем уничтожить США быстрее чем за полчаса" (ロシア語). Komsomolskaya Pravda. オリジナルの2012年2月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120228194234/http://www.kp.ru/daily/25805/2785953 2015年8月9日閲覧。 
  11. ^ “Without INF Treaty, USA can destroy Russian nuclear weapons easily”. (2018年11月9日). オリジナルの2018年11月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181111043859/http://www.pravdareport.com/news/russia/politics/09-11-2018/141954-dead_hand-0/ 2018年11月10日閲覧。