武田博志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武田 博志(たけだ ひろし、1973年2月28日 - )は、RSK山陽放送(RSK)の元アナウンサー報道記者・ドキュメンタリーディレクター。

文化庁芸術祭賞(2016)[1]、広告賞「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」ACCゴールド(2018)[2]受賞。

略歴等[編集]

  • 愛知県知多市生まれ、千葉県船橋市出身。
  • 早稲田大学社会科学部卒業後、1997年にRSK入社(同期に小林章子阪上彰子中村恵美)。アナウンス部、ラジオ制作部(1999年より)、報道部(2003年より)、四国支社報道部(2006年より)、報道部(2008年より)、営業部(2016年より)を経て、現職。
  • 岡山放送堀靖英、元長野朝日放送加藤えりとは愛知県知多市の小学校で同級生。血液型はA型。
  • イブニングDonDonメイン司会担当時、TBS系のバラエティ番組『ぴったんこカン・カン』の岡山・倉敷・香川ロケで来ていた泉ピン子とTBSアナウンサーで系列局同期の安住紳一郎が飛び入り出演し、その一部始終が『ぴったんこカン・カン』で全国ネットで流れた。
  • 報道部に異動後も自社製作のスポーツ中継で実況を担当する。
  • 2007年の香川・坂出3人殺害事件ではTBS全番組のリポーターを担当。また逮捕前に容疑者を割り出すスクープ。[要出典]
  • 2012年からドキュメンタリー番組「RSK地域スペシャル・メッセージ」製作を担当。TBS報道特集にて「橋を渡るシカ(2013.12)」「脳死肺反転移植(2014.10)」「離島看護師(2015.10)」「盲目の先生(2016.01)」を製作・出演[3]
  • TBS「報道の魂」にて「子どもを襲う貧困」を製作[4]
  • 2016年制作の「島の命を見つめて~豊島の看護師・うたさん」[5]は国内外で映像祭賞を受賞[6]し、翌年にはNHKワールドにて全世界に向け放送された。
  • 2018年営業部在籍時に制作した「岡山いのちの電話協会」のラジオCMが、ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSで全国2位に選出された[7]
  • 2019年4月の人事異動で再び報道・アナウンスに復帰。なお、2020年時点でRSK山陽放送公式サイトのアナウンサー一覧には記載がないためアナウンサー職から離れている。

担当番組[編集]

現在

テレビ
  • RSKイブニングニュース(祝日。2019年10月-)以前はスポーツコーナー→月-水曜キャスター(2007年4月-2010年3月)、金・土曜キャスター(2019年4月-2019年9月)。

過去

ラジオ
テレビ
  • イブニングDonDon(メイン司会)
  • いきいき情報児島(競艇番組)
  • 各種スポーツ中継

受賞歴[編集]

  • 「買い物難民」(2012) - 日本民間放送連盟賞中四国地区優秀賞
  • 「ヤツらがやってくるVSサル・シカ・イノシシ」(2014) - JNNネットワーク協議会奨励賞
  • 「盲目の先生・命の授業~見えないから見えたもの」(2015) - 日本民間放送連盟賞優秀賞[8]  
  • 「島の命を見つめて~豊島の看護師・うたさん」(2016)
    • 文化庁芸術祭優秀賞、地方の時代映像祭グランプリ[9]、日本医学ジャーナリスト賞優秀賞、JNNネットワーク協議会協議会賞、日本民間放送連盟賞優秀賞[10]、ワールドメディアフェスティバル銀賞[11]、アメリカ国際フィルム ビデオ賞銀賞、ヒューストン国際映画祭プラチナ賞、カンヌコーポレートメディア&テレビ大賞銀賞[12]
  • 岡山いのちの電話協会 - 「自殺対策強化月間」ラジオCM (2018)、2018 58th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSラジオCM部門 ACCゴールド

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 文化庁芸術祭賞受賞一覧 | 文化庁”. www.bunka.go.jp. 2020年9月1日閲覧。
  2. ^ 2018 58th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS 6部門全入賞作品発表!” (日本語). acc-awards.com. 2020年9月1日閲覧。
  3. ^ 報道特集アーカイブ一覧”. www.tbs.co.jp. 2020年9月1日閲覧。
  4. ^ TBS報道の魂”. www.tbs.co.jp. 2020年9月1日閲覧。
  5. ^ RSKテレビ | メッセージ RSK地域スペシャル” (日本語). www.rsk.co.jp. 2020年9月1日閲覧。
  6. ^ RSKテレビ | メッセージ RSK地域スペシャル” (日本語). www.rsk.co.jp. 2020年9月1日閲覧。
  7. ^ 2018 58th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS 6部門全入賞作品発表!” (日本語). acc-awards.com. 2020年9月1日閲覧。
  8. ^ 表彰番組・事績 | 一般社団法人 日本民間放送連盟”. www.j-ba.or.jp. 2020年9月1日閲覧。
  9. ^ 2016年入賞作品一覧 | 作品紹介 | 「地方の時代」映像祭”. www.chihounojidai.jp. 2020年9月1日閲覧。
  10. ^ 表彰番組・事績 | 一般社団法人 日本民間放送連盟”. www.j-ba.or.jp. 2020年9月1日閲覧。
  11. ^ Hall of fame | WorldMediaFestivals 2020” (englisch). www.worldmediafestival.org. 2020年9月1日閲覧。
  12. ^ RSKが仏のメディア祭で銀賞 島の看護師追ったドキュメンタリー:山陽新聞デジタル|さんデジ” (日本語). 山陽新聞デジタル|さんデジ. 2020年9月1日閲覧。

外部リンク[編集]