植田いつ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

植田 いつ子(うえだ いつこ、1928年10月20日[1] - 2014年6月3日)は、日本ファッションデザイナー熊本県玉名市[1]出身。桑沢デザイン研究所卒。

略歴[編集]

熊本師範学校卒業後に上京。デザインを学び銀座の高級店に勤め、1956年独立する。 1976年皇后美智子のデザイナーを拝命し2012年まで務める。(この間、皇后・美智子は、国際ベストドレッサー賞を3回受賞している)。

第56回熊本県近代文化功労者に選ばれる。

2014年6月3日、心不全のため、東京都内で死去。85歳没[2]

外部リンク[編集]

出典[編集]