桑沢洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1948年

桑沢 洋子(くわさわ ようこ、1910年11月7日 - 1977年4月12日[1])は、20世紀昭和時代に活動した日本ファッションデザイナー[2]桑沢デザイン研究所および東京造形大学の創立者で、服飾から生活全般にわたる分野において「産業デザイン」を提唱した[3]桑澤洋子と表記されることもある。

来歴[編集]

東京市神田区東紺屋町(現在の東京都千代田区)に出生。1928年に女子美術学校(現在の女子美術大学)師範科西洋部へ入学、1932年に卒業。1933年に新建築工芸学院へ入学しバウハウスの思想に触れた。写真家の田村茂と1934年に結婚するも、1951年に離婚。

新建築工芸学院の川喜田煉七郎に紹介され東京社の編集に携わる。1937年に婦人画報社(現在のハースト婦人画報社)の前身にあたる東京社へ入社。雑誌社でジャーナリズムに触れ女性の社会進出、職業婦人が活躍する将来に向け衣服による生活改善、勤め先に着ていける服装の制作を提唱した。

1941年に服飾デザイナー伊東茂平のもとで洋裁技術を修行。翌1942年に東京社を退職し桑沢服飾工房を設立。服飾デザイナーとして活動を始める。

1945年、婦人画報誌などで服飾デザインについての執筆を開始。1948年に服飾デザイナーの職能団体「日本デザイナークラブ」の結成にメンバーの一員として参加する。多摩川洋裁学院長、女子美術短期大学(現在の女子美術大学短期大学部)講師を兼任。ファッションデザイナーとして産業的、機能的デザインを提唱した。

美術教育機関を設立することで服飾に関する相談や対応、デザイン全般の基礎教育、職能教育の具体的な提案ができると考え、1954年桑沢デザイン研究所東京・青山に設立(同研究所は1958年に東京・渋谷へ移転)。ファッションデザイナーとして企業ユニフォームや学制服など多くを手がけた。

1966年、より高度な美術・デザイン教育機関として東京造形大学東京・八王子に設立し学長に就任。東京造形大学設立時の教員には佐藤忠良勝井三雄竹谷富士雄などが集まった。東京造形大学学長、同大学理事長を歴任。バウハウスの理念を実践しデザイン史に広く功績を残した。1973年に藍綬褒章を授与。

主な著作[編集]

  • 服装-色彩を中心として(朝日新聞社 1954年)
  • 現代のアクセサリー(河出書房 1956年)
  • ふだん着のデザイナー(ほるぷ総連合 1980年)
  • 基礎教育のための衣服のデザインと技術(家政教育者 1966年)
  • 桑沢洋子の服飾デザイン(婦人画報社 1977年)
  • ふだん着のデザイナー(桑沢学園 2004年)

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]