ミキモト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ミキモト
K.MIKIMOTO & CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
135-8145
東京都江東区豊洲5丁目5番13号
豊洲アーバンポイント9F
北緯35度39分12.1秒 東経139度47分48.9秒 / 北緯35.653361度 東経139.796917度 / 35.653361; 139.796917座標: 北緯35度39分12.1秒 東経139度47分48.9秒 / 北緯35.653361度 東経139.796917度 / 35.653361; 139.796917
本店所在地 104-8145
東京都中央区銀座4丁目5番5号
北緯35度40分18.8秒 東経139度45分55.9秒 / 北緯35.671889度 東経139.765528度 / 35.671889; 139.765528
設立 1949年5月
業種 小売業
事業内容 宝飾品の製造、販売 等
代表者 代表取締役社長 吉田 均
資本金 5億円(2018年8月31日現在)[1]
売上高 274億49百万円(2018年8月期)[1]
従業員数 722名(2017年8月)
決算期 8月31日
主要子会社 御木本製薬株式会社
株式会社御木本真珠島
株式会社ミキモト装身具
関係する人物 御木本幸吉
外部リンク http://www.mikimoto.com/jp/
テンプレートを表示

株式会社ミキモトは、東京都江東区豊洲に本社、東京都中央区銀座4丁目に本店をそれぞれ置く、宝飾品の製造、販売等を行う株式会社である。真珠の販売で世界一のシェアを持っている。

概要[編集]

アコヤ貝による養殖に1905年、世界で初めて成功した“真珠王”御木本幸吉1899年3月銀座に御木本真珠店を設立。海外での販売も積極的に行い、“ミキモトの養殖真珠は本物か模造品か”とパリで争われた「パリ真珠裁判」に勝利以後、養殖真珠が世界中に広まり、現在「ミキモト・パール」の名は世界に知られている。

ミス・ユニバースのメインスポンサーとして2002年から2007年までと2017年以降の大会で優勝者の王冠[2]ミス・インターナショナルの優勝者の王冠、ともにミキモト製である。ミキモト・ブランドの販売店舗は国内のみならず海外に広く展開されており、国内に直営店がある[3]

沿革[編集]

東京・銀座のミキモトブティック(MIKIMOTO GINZA 2)。伊東豊雄の設計による建築
  • 1893年 - 御木本幸吉が世界初の真珠養殖(半円真珠)に成功。
  • 1899年 - 御木本真珠店を銀座に開業。
  • 1905年 - 真円真珠の養殖に成功。
  • 1910年 - 海外(ロンドン)へ初進出。
  • 1921年 - ロンドンとパリの宝石商から「ミキモトの真珠は模造品だ」と喧伝される。
  • 1924年 - パリ真珠裁判に勝利。
  • 1949年 - 養殖と加工、輸出を行う御木本真珠株式会社と販売を行う御木本真珠店を設立。
  • 1951年 - 三重県鳥羽市御木本真珠島を開業。
  • 1954年 - 創業者である御木本幸吉死去。
  • 1972年 - 社名をミキモトへ改称。

関連会社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 第79期決算公告、2018年(平成30年)11月28日付「官報」(号外第260号)61頁。
  2. ^ http://www.mikimoto.com/html/ja/history/timeline/e065.html [リンク切れ]
  3. ^ MIKIMOTO 店舗案内

関連項目[編集]

外部リンク[編集]