森清 (経済産業官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
森 清
もり きよし
生年月日 (1963-04-10) 1963年4月10日(59歳)[1]
出生地 日本の旗 日本京都府宇治市[2]
出身校 東京大学[2]

在任期間 2021年7月1日[3] - 2022年7月1日[4]
テンプレートを表示

森 清(もり きよし、1963年昭和38年〉4月10日[1] - )は、日本経済産業官僚

来歴[編集]

京都府宇治市出身[2]1986年(昭和61年)、東京大学法学部を卒業し[5]、同年、通商産業省へ入省[2][6]

1992年平成4年)、アメリカ合衆国へ留学[5]ハーバード大学ケネディスクール修士課程を修了[7]。修了後、ブルッキングス研究所でゲストスカラーを務めた[7]

通商産業省入省以来、貿易問題やエネルギー問題、中東アフリカの通商政策やエネルギー政策、サイバー政策の国際的調整業務に携わり[2][8][9]経済産業副大臣秘書官、通商政策局中東アフリカ課長、資源エネルギー庁国際課長、同資源・燃料部政策課長、貿易経済協力局通商金融・経済協力課長、経済産業省大臣官房審議官(貿易経済協力局・海外戦略担当)、同政策評価審議官(併)サイバー国際経済政策統括調整官などを歴任[5][6][7]。途中、2025年日本国際博覧会協会[9]などに出向し、総務省情報通信国際戦略局次長、2025年日本国際博覧会協会副事務総長(理事)、ジェトロロンドンセンター産業調査員、経済産業研究所コンサルティングフェローを務めた[5][9]

2017年(平成29年)7月5日、近畿経済産業局長に就任[10]

2019年令和元年)7月5日、2025年日本国際博覧会協会副事務総長に就任[11]

2021年(令和3年)7月1日特許庁長官に就任[3]。翌2022年(令和4年)7月1日、辞職[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b 政官要覧社 2022, 1037頁.
  2. ^ a b c d e Innovators’ Talk #47 大阪・関西万博から生まれるイノベーション”. 大阪大学. 2021年9月6日閲覧。
  3. ^ a b “経産次官に多田官房長 特許庁長官は森氏―7月1日発令”. 時事ドットコム (時事通信社). (2021年6月25日). https://www.jiji.com/amp/article?k=2021062500428&g=eco 2021年9月6日閲覧。 
  4. ^ a b “経産審議官に平井氏 多田次官は留任―経産省幹部人事”. 時事ドットコム (時事通信社). (2022年6月21日). https://www.jiji.com/amp/article?k=2022062100509&g=eco 2022年7月26日閲覧。 
  5. ^ a b c d 第8回 エンジョイセミナー 〜関西経済のさらなる発展のために〜 (PDF)”. エンジニアリング協会. 2021年9月6日閲覧。
  6. ^ a b 起業家フォーラム「“ベンチャーの都 京都” 復権に向けて」”. 京都商工会議所. 2021年9月6日閲覧。
  7. ^ a b c 森清”. 経済産業研究所. 2021年9月6日閲覧。
  8. ^ IPAサイバーセキュリティシンポジウム2017:講演プログラム”. 情報処理推進機構. 2021年9月6日閲覧。
  9. ^ a b c 八尾市 ローカルナレッジシェア シンポジウム (PDF)”. みせるばやお. 2021年9月6日閲覧。
  10. ^ “近畿経産局長 森氏を起用”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年7月5日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO18482190U7A700C1LKD000/ 2021年9月6日閲覧。 
  11. ^ “近畿経産局長に米村氏”. 日本経済新聞 (日本経済産業新聞社). (2019年7月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46994070V00C19A7LKA000/ 2021年9月6日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『政官要覧 令和4年春号』政官要覧社、2022年1月27日。 
官職
先代
糟谷敏秀
日本の旗 特許庁長官
第52代:2021年 - 2022年
次代
濱野幸一