森常治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

森 常治(もり じょうじ、1931年4月17日 - 2015年2月23日[1] )は、日本の英文学者詩人早稲田大学理工学部名誉教授

森於菟の五男として埼玉県に生まれる。森鴎外の孫。東京都立大森高等学校を経て早稲田大学第一文学部英文科卒業。同大学院文学研究科博士課程中退。小説家を目指し、丹羽文雄の『文学者』に参加、60年10月の『新潮』に「明るい砂丘の林の中で」を載せた。1961年より早大理工学部で英語を教え、1971年教授、2002年定年退任、名誉教授。日本記号学会会長。1987年『文学記号の空間』で平林たい子文学賞受賞。ケネス・バークの研究で知られる。文芸誌『同時代』同人。

著書[編集]

  • 『日本の幽霊の解放』晶文社、1974年
  • 『日本人=<殻なし卵>の自我像』講談社現代新書、1977年
  • 『ことばの力学 ロゴロジー入門』講談社現代新書、1979年
  • 『日本人 殻なし卵の中のロゴス』青英舎、1981年
  • 『ケネス・バークのロゴロジー』勁草書房、1984年
  • 『文学記号の空間』こびあん書房、1986年
  • 『埋葬旅行 詩集』沖積舎、1995年
  • 『都市・記号の肖像』早稲田大学出版部、2001年
  • 『森常治詩集』土曜美術社出版販売新・日本現代詩文庫、2006年
  • 『台湾の森於菟』宮帯出版社、2013年

共著・翻訳[編集]

  • 蟻二郎,柄谷行人共著『現代批評の構造』思潮社、1971年
  • ケネス・バーク『文学形式の哲学』国文社、1974年
  • ケネス・バーク『動機の文法』晶文社、1982年
  • マーシャル・マクルーハン『グーテンベルクの銀河系』みすず書房、1986年
  • ケネス・バーク『象徴と社会』法政大学出版局、1994年
  • ケネス・バーク『動機の修辞学』晶文社、2009年

系図[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『文芸家協会ニュース』2015年10月。

外部リンク[編集]