桜川 (東京都)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桜川(さくらがわ)は、

  1. 東京都中央区にかつて存在した水路
  2. 東京都港区をかつて流れていた川、または溝渠

桜川 (中央区)[編集]

流路と歴史[編集]

鉄炮洲 稲荷橋 湊神社
歌川広重画)

現在の首都高京橋出入口付近から鍛冶橋通りを東へ進み、亀島川に至るまでの区間に存在した水路。水路北側に北桜河岸、南側に南桜河岸があった。 古く八丁堀と呼ばれ[1]、現在でも付近の地名としてこの名が定着しているが、桜川の別名も用いられた。 現在では、その北岸にあたる帯状の土地の全域が、八丁堀四丁目に割り当てられている[2]

京橋川楓川より亀島川を連絡する運河として1612年に開削されたといわれる。 近年に至るまで水路として利用されていたが、1960年昭和35年)[3]から段階的に埋立が始まり、京橋川、楓川とともに1969年(昭和44年)に水路としての桜川は完全に姿を消した。

流路には桜川公園のほか、労働スクエア東京が建てられた(解体され、京橋図書館などを含めた複合施設に再開発予定)。

橋梁[編集]

西から順に、

川自体が埋め立てられたため、すべて現存しない。

関連河川・水路[編集]

桜川 (港区)[編集]

流路と歴史[編集]

もともと、新宿区若葉付近から赤坂御用地内の池を経て赤坂見附側へ下り、のちの溜池にあたる低湿地(現在の外堀通りの位置)を経て、虎ノ門愛宕山の間あたりで当時の日比谷入江に注いでいた、小規模な川であった。 上流部を鮫川とも呼んだ。

江戸時代に入り日比谷入江が埋め立てられ、また外濠の整備が進められると同時に、人工の流路へと付け替えられたとされる。 付け替え後の流路はおおむね、溜池に並行してそのすぐ南を南東へ流れ、虎ノ門南方で南へ折れ、愛宕山増上寺の東を南流して、将監橋(しょうげんばし)のたもとで古川に注ぐものであったが、途中ではいくつもの細流に分かれ、市中の側溝的な役割を果たしていた。

現在は全てが埋め立てられるか、下水道に転用されている。

支流[編集]

もともと、以下のような支流があった。

いずれも江戸市街整備以降は暗渠化・側溝化され、川らしい体裁を失っていたと思われる。 なお、外濠の整備の一環として弁慶濠が開削されたことにより、清水谷からの流れは断ち切られている。

脚注[編集]

  1. ^ 八町堀とも。実際のこの区間の長さも、おおよそ7〜8程度である。
  2. ^ なお、水面そのものだった場所、および南岸地域は、新富入船の各一丁目があてられている。
  3. ^ 菅原健二『川の地図辞典 江戸・東京/23区編』(補訂版)之潮、57頁、2010年

関連項目[編集]