檜町公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
檜町公園内の池。後ろの建物は東京ミッドタウンミッドタウン・タワー。(2012年12月撮影)

檜町公園(ひのきちょうこうえん)は、東京都港区赤坂にある港区立公園である。東京ミッドタウンに隣接する公園として知られる。面積は約14,011m2である。

歴史[編集]

当地は江戸時代長州藩松平大膳大夫毛利家)の下屋敷があったところで庭園は「清水園」と呼ばれ、江戸の大名屋敷の中でも名園のひとつとして知られていた。また周りにの木が多かったことから毛利家の屋敷は「檜屋敷」とも呼ばれ、後の「檜町」という地名の由来にもなった(公園の名もこれに由来する)。

明治時代になり毛利家の屋敷一帯は国の管轄に移り、第1師団歩兵第1連隊の駐屯地となった。第二次大戦後の一時期に米軍の接収を受け、その後敷地の大部分に防衛庁が設置される。残りの部分が檜町公園として整備され1963年に都立公園として開園。1968年に港区に管轄が移された。かつてはデモの集会などにも使われた。当公園は池を中心に遊具などが整った公園であったが、2000年に隣接する防衛庁(現:防衛省)が市谷に転出。その跡地に2007年東京ミッドタウンが開発されたのを受け、当公園も再整備され景観が大きく変わった。隣のミッドタウン・ガーデン(東京ミッドタウンに付属している芝生広場)との調和が取れた開放的な造りとなった。

年表[編集]

  • 江戸時代 - 毛利家の下屋敷があった。
  • 1874年 - 一帯が歩兵第一連隊の駐屯地になる。
  • 1945年 - 終戦を迎え、米軍に接収される。
  • 1960年 - 霞ヶ関にあった防衛庁が当地に移転。
  • 1963年7月 - 檜町公園が東京都立公園として開園。
  • 1968年4月 - 管轄が港区に移される。
  • 2000年 - 防衛庁が市谷に移転。
  • 2007年 - 防衛庁跡地に東京ミッドタウンが完成。それにあわせて、檜町公園も再整備される。
  • 2009年 - 草なぎ剛が、当園にて酔っぱらった末に全裸となり、警視庁に現行犯逮捕される。

施設概要[編集]

檜町公園入口
写真奥がミッドタウン・ガーデン方向になる。
2009年1月撮影)
  • 所在地: 6,369.88平米
  • 入園料: 無料
  • 開園時間: 常時開園(24時間開園しているが、夜間は入口に鎖を掛けて自粛を呼びかけている[1]

アクセス[編集]

主な施設[編集]

参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度40分0.4秒 東経139度43分57.3秒