桙衝神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桙衝神社
桙衝神社随神門 - panoramio.jpg
随神門
所在地 福島県須賀川市桙衝字亀居山97-1
位置 北緯37度16分16.6秒 東経140度15分41.3秒 / 北緯37.271278度 東経140.261472度 / 37.271278; 140.261472 (桙衝神社)座標: 北緯37度16分16.6秒 東経140度15分41.3秒 / 北緯37.271278度 東経140.261472度 / 37.271278; 140.261472 (桙衝神社)
主祭神 日本武尊
武甕槌神
社格 式内社(小)
県社
創建 養老2年(712年
本殿の様式 流造
別名 桙衝鹿島大明神(旧称)
例祭 9月30日
地図
桙衝神社の位置(福島県内)
桙衝神社
桙衝神社
テンプレートを表示

桙衝神社(ほこつきじんじゃ)は、福島県須賀川市桙衝にある神社である。式内小社で、旧社格県社

祭神[編集]

歴史[編集]

伝承では、日本武尊が東征の際に亀居山(神居山)に上り、山上にあった大石を祭壇に見立てて武甕槌神に対して戦勝祈願したというが、奈良時代養老2年(712年)に、常陸国(現在の茨城県)に土着していた豪族が鹿島神宮より勧請したのが起源とされる。平安時代弘仁12年(821年)、境内地から神鉾が出現したので鹿島大明神の依り代として祀るようになっている。また、『延喜式』の神名帳にも記載された。天喜5年(1057年)には、前九年の役の最中の源頼義が戦勝祈願を行い、改めて鹿島神宮を勧請合祀し、桙衝鹿島大明神と呼ばれるようになった。慶長2年(1597年)には火災によって社殿が焼失したが、慶安元年(1648年)に白河藩主の榊原忠次によって再建建立された。

祭事[編集]

  • 太鼓獅子 - 3年に1度(旧暦の閏年)10月、第1土曜日に宵祭り、その翌日の日曜日に本祭りが開催される。桙衝地区に住む地元の男性らが化粧し、衣装などを身に付け、踊りながら太鼓を叩く。1968年(昭和43年)4月1日に須賀川市の無形民俗文化財に指定された[1]

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス
  • 最寄バス停:福島交通矢田野経由長沼 バス停「桙衝神社」下車後、徒歩約3分

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 須賀川市の文化財指定一覧 - 須賀川市、2018年11月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]