桑田光平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桑田 光平(くわだ こうへい、1974年9月[1] - )は、日本フランス文学者。専門はフランス文学フランス美術論東京大学総合文化研究科准教授。文学博士(パリ第4大学、2009年)。

経歴[編集]

  • 1999年3月 東京大学文学部英語英米文学専修課程卒業
  • 2001年3月 東京大学大学院人文社会系研究科フランス語フランス文学専攻修士課程修了
  • 2002年10月 リヨン第2大学文学部フランス文学科DEA課程修了
  • 2007年3月 パリ第8大学造形芸術学科修士課程修了
  • 2009年3月 東京大学大学院人文社会系研究科フランス語フランス文学専攻博士課程単位取得退学
  • 2009年7月 パリ第4大学フランス文学科博士課程修了
  • 2009年10月 東京外国語大学総合国際学研究院(言語文化部門・文化研究系)講師
  • 2013年10月 東大総合文化研究科(表象文化論)准教授[2] 

著書[編集]

翻訳[編集]

  • カトリーヌ・マラブー『わたしたちの脳をどうするか ニューロサイエンスとグローバル資本主義』増田文一朗共訳 春秋社 2005
  • 『芸術と脳科学の対話 バルテュスゼキによる本質的なものの探求』青土社 2007
  • ル・コルビュジエ,ポール・オトレ『ムンダネウム』山名善之共訳 筑摩書房 2009
  • フランソワ・キュセ『フレンチ・セオリー アメリカにおけるフランス現代思想』鈴木哲平,畠山達,本田貴久共訳 NTT出版 2010
  • 『ロラン・バルト中国旅行ノート』2011 ちくま学芸文庫
  • ジャン=ピエール・デュピュイ『ありえないことが現実になるとき 賢明な破局論にむけて』本田貴久共訳 筑摩書房 2012

[編集]

  1. ^ 東京外国語大学:[1]
  2. ^ 新任教員紹介