柴田恵理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しばた えり
柴田 恵理
プロフィール
本名 松田 恵理(現在は本名で活動)
出身地 日本の旗 日本福岡県福岡市
生年月日 (1983-08-31) 1983年8月31日(35歳)
血液型 AB
最終学歴 青山学院大学経済学部卒業
職歴 九州朝日放送(2006年4月から2008年10月まで)
活動期間 2006年 -
配偶者 松田宣浩福岡ソフトバンクホークス選手)
家族 夫と1男、1女
担当番組・活動
その他 KBCで地上デジタル放送推進大使
備考
KBC退社後は完全なフリーランスで活動、妊娠・出産により現在は休止状態

松田 恵理(まつだ えり、(旧姓:柴田) 1983年8月31日 - )は、福岡県を拠点に活動するフリーアナウンサー。KBC九州朝日放送の元アナウンサー

経歴・人物[編集]

基礎情報も参照。西南学院高等学校を経て青山学院大学卒業後、2006年平成18年)KBCに入社。KBCでは正社員女子アナの入社10年未満で離職→東京行きが相次いだこと、テレビデジタル化に伴う経費が経営上の問題となっていたことから、ANNの中核局としては珍しく、この年採用のアナウンサーから原則として最長3年の契約職扱いに切り替え、後腐れが生じないようにした。松田はその適用第1号であり、大学時代テレビ朝日アスクに通っていたことから、同社が契約期間の人件費等を肩代わりし派遣する形での雇用となった。後輩もほぼ全てこの形式を踏襲している。

入社3週間後に同局の大型キャンペーン「水と緑のキャンペーン」のメインパーソナリティに任命され、2006年(平成18年)8月5日に放送された特別番組水と緑の物語」では近藤鉄太郎とMCを務めた。また後に結婚・妊娠で退社し、KBCメディアに再就職して現場復帰した先輩・浜田しのぶから地上デジタル放送推進大使職を引き継ぎ、同年の放送開始PRなどにあたった。

契約期間満了まで半年を切った2008年平成20年)10月15日福岡ソフトバンクホークス松田宣浩選手と結婚することを発表し、10月24日付でKBCを退社。12月20日、福岡市内のホテルにて結婚式を執り行った[1]

結婚翌年の2009年平成21年)4月1日から、KBCのライバル局であるテレビ西日本で、リポーターとして活動を再開した。しかし、2010年平成22年)に妊娠が分かったことで、怪我続きの状態にあった夫と自身ともどもの体調管理を優先するため活動を休止。夫の奮起などもありホークスが7年ぶりにリーグ優勝を決めてから日も浅い10月7日夜に福岡市内の病院で男児を出産した。[2]

過去の出演番組[編集]

KBC[編集]

テレビ西日本[編集]

  • ハチナビ スーパーニュース
    水曜日の天神中継担当。初出演の際、社名こそ出なかったものの、KBCアナだった過去を暴露された。
  • 土曜NEWSファイル CUBE
    途中からは編成の都合上こちらに移って活動した。妊娠が分かってから年度替わりに合わせて降板。

脚註[編集]

  1. ^ “ソフトB松田がKBC柴田恵理アナと結婚”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2008年10月15日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20081015-419339.html 2008年10月15日閲覧。 
  2. ^ “【ソフトB】松田パパに「やる気沸いた」”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2010年10月8日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20101008-688064.html 2010年10月9日閲覧。