柴田勝定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柴田 勝定(しばた かつさだ、生没年不詳)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。通称は源左衛門尉。諱は後に安定柴田勝全と同一人物とする説もあるが、花押が異なり別人と思われる。

生涯[編集]

はじめ織田氏の家臣・柴田勝家に仕える。主君・勝家と同姓であるが、血縁関係は不明。勝家の甥・佐久間勝政と共に元亀4年(1573年)に琵琶湖沖島の礼銭徴収や、下京が放火から免れた礼銭徴収を行っていることから、かなり高い地位にいたと思われる。

天正3年(1575年)9月、勝家が越前に封じられてからも、西蓮寺への還住催促、称名寺への下間頼照討ち取りの褒賞、劔神社からの申状を受けるなど、奉行としての活躍をした。天正7年(1579年)には、勝家の留守中、北庄城代を務め、一揆に囲まれた丸岡城を救援したという。

しかし『明智軍記』によれば、同年に持病を理由に所替えを拒否したことが、勝家の勘気に触れて出奔、明智光秀に転仕し、丹波柏原城を預けられたという。この頃か明智秀満の妹を妻にしたという。本能寺の変では、そのまま光秀に属し、二条城攻めに参加、主戦場の山崎の戦いにも兵2000を率いて先鋒として参加している。

明智氏滅亡後は、堀秀政に属す。秀政の子・堀秀治の代になって越後で1万3000石を知行。関ヶ原の戦いでは、上杉景勝の扇動した一揆勢と戦っている。しかし、老臣の堀直政と争いになって改易となり、以後は浪人したという。

参考資料[編集]