後藤高治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
後藤高治
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正17年(1589年
改名 後藤高治→戸賀十兵衛尉
別名 定豊、高安、通称:喜三郎
主君 六角義治織田信長蒲生氏郷
氏族 後藤氏
父母 父:後藤賢豊
兄弟 壱岐守、高治
千世寿[1]

後藤 高治(ごとう たかはる)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将六角氏織田氏の家臣。

生涯[編集]

六角氏の重臣・後藤賢豊の次男として誕生。永禄6年(1563年)の観音寺騒動で父・賢豊と長兄・壱岐守が主君・六角義治によって討たれたため、家督を相続する。その後は父らの仇として六角氏と敵対したが、永禄10年(1567年)に和睦し、同時に六角氏式目に連署して義治の専制に歯止めをかけた。しかし、永禄11年(1568年)に織田信長の上洛で六角氏が滅亡すると、信長に降伏して臣従する。

信長のもとでは近江衆の1人として仕え、天正6年(1578年)に信長が安土で相撲大会を開くと、その奉行を務めた。

天正10年(1582年)6月、本能寺の変が起きると主君・信長を討った明智光秀に与したために、明智氏の滅亡と共に所領を追われ、後に蒲生氏郷に仕えた。この蒲生氏仕官時代に「戸賀十兵衛尉」と名を改め(『氏郷記』)、九州平定にも参陣している。

天正17年(1589年)、京にて死去。知行3000石は11歳の子・千世寿が継いだという(『氏郷記』)。

脚注[編集]

  1. ^ 後に蒲生三郎左衛門。