四王天政孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
四王天政孝
Shioden1.jpg
太平記英勇傳二十九:四王連左可馬頭政高(歌川国芳作)
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正10年6月13日1582年7月2日
別名 通称:又兵衞
官位 但馬守
主君 明智光秀
氏族 四王天氏(藤原姓とも)
兄弟 政孝政実
テンプレートを表示

四王天 政孝(しおうてん/しほうてん まさたか)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大名明智光秀の家臣。通称は又兵衞または但馬守を称した。

略歴[編集]

丹波国氷上郡柏原庄平井村の人。弟に政実がいるが、政実は政孝の子とも言う。

明智光秀が丹波国に入国した前後に配下となった。天正3年(1575年)の丹波攻めに参加するが敗退。同年の越前国攻めや、翌年の石山攻め(石山合戦)などにも兄弟で従軍した。

天正6年(1578年)に赤井直正が病死すると、天正7年(1579年)、再来した明智軍(織田軍)の部将であった政孝は、氷上郡に入って高見城を落とし、天田郡の鬼ケ城も抜いた。八上城攻略時には波多野秀治と政実が格闘し、政孝が捕えたと云う。8月には赤井氏の居城・黒井城がついに落城して、光秀は丹波を平定した。

光秀は丹波国内に諸将を配して、四王天兄弟を福知山城代とし、政孝は福知山城周辺に1万石の知行を得た。

本能寺の変の際には、負傷した明智光忠に代わって政孝が二条城攻めを指揮した。政実は本能寺で森蘭丸を討ったと云うが、これには異説もあり、政孝とも別の人物とも云う。

天正10年(1582年6月13日山崎の戦いで、政孝は光秀に先んじて戦死した。政実は逃れ、名を変えて青木秀以次いで結城秀康に仕えた。

出典[編集]

  • 松井拳堂 『丹波人物志』 臨川書店、1987年。ISBN 4653015473 

関連事項[編集]