青木一矩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
青木一矩 / 青木秀以
時代 安土桃山時代
生誕 生年不詳
死没 慶長5年10月6日1600年11月11日
改名 青木一矩 → 青木重治 → 青木秀以 → 羽柴秀以 → 羽柴秀政
別名 重治、重吉、秀以、秀政、通称:勘兵衛、勘七、青木紀伊守、羽柴北庄侍従
戒名 西江院傑山長英居士
官位 紀伊守従五位下侍従
主君 羽柴秀長豊臣秀吉
氏族 青木氏(羽柴氏、豊臣氏)
父母 父:青木重矩、母:大恩院[1](関兼貞[2]の三女、大政所の妹)
兄弟 一矩、矩貞(善右衛門)
俊矩[猶子とも言う]
蓮華院徳川家康側室、のち本多正純正室)

青木 一矩(あおき かずのり)は、安土桃山時代武将大名豊臣秀吉従兄弟豊臣家の一門衆。越前北ノ庄城主。通称の青木紀伊守がよく用いられるが、は複数あり、青木 秀以(あおき ひでもち)の名でも知られる。 初め勘七ないし勘兵衛を名乗り、一矩、次いで重治、偏諱を受けて秀以と改めた。

経歴をしばしば青木一重と混同されるが、別人である[3]

略歴[編集]

青木重矩(勘兵衛)の子として生まれた。重矩は、藤原氏魚名流の青木氏で、元弘3年(1333年)に恒良親王を奉じて千種忠顕らと共に挙兵した青木以季義季親子の7代孫という。母が大政所の妹(一説には姉)で、秀吉の叔母にあたることから、秀吉とは従兄弟の関係に当たる。母は後年は大政所の侍女を務めた[4]

最初、羽柴秀長に仕え、天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いに参加して、知行1,000石を宛がわれた。

天正13年 (1585年)、紀州征伐で秀長に従って湯川直春を破り、これを降した功で、一気に1万石に加増され、紀伊国入山城[5](にゅうやまじょう)主となる。

天正15年(1587年)から豊臣秀吉に直任し、九州征伐で功あって播磨立石城に移封。さらに翌天正16年(1588年)には越前大野城8万石に移封となった。天正18年(1590年)、小田原征伐に従軍。

文禄元年(1592年)の文禄の役では1,000人(1,400人)を率いて肥前国名護屋城に在陣している。同年、越前府中城に移封となった。文禄3年(1594年)、伏見城の普請分担に参加。慶長2年(1597年)7月22日、従五位下侍従に叙任され、豊臣姓を賜った。

慶長3年(1598年)8月、秀吉が死去すると、葬儀では従兄弟である福島正則と共に秀頼の名代を務めた。

豊臣政権が五大老による合議で運営されはじめると、秀吉遺命として翌慶長4年(1599年)2月5日付けで徳川家康ら五大老連署の知行宛行状が発行されて、小早川秀秋の越前北ノ庄への転封が取り消され、旧領の筑前名島城へ復帰したので、それと同時に府中の一矩に北ノ庄21万石への加増・転封が命じられ、越前北ノ庄城主となった。以後、羽柴北庄侍従を称する[6]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの際は、大谷吉継ら北陸の諸将と共に西軍に味方したが、病床にあって出陣は叶わず、東軍の前田利長の抑えとして北国口に留まった。関ヶ原本戦で西軍が敗戦した後、前田利長の軍勢が越前に侵攻して鳴鹿川(竹田川)を渡り、北ノ庄に迫ったが、この時、すでに一矩は死の淵にあり、10月6日(10日とも)に病死した。法名は西江院傑山長英居士。

前田利長は隣国のよしみからこれを哀れみ、土方雄久を仲介として嫡男[7]俊矩(越前金剛院城主2万石)に降伏するように説得し、利長は俊矩を連れて大津の徳川家康の本陣に赴いて、拝謁を取りはからったが、許されず、青木家は改易となった。また娘の蓮華院(お梅の方)は徳川家康の側室の1人であったが、本多正純の継室として下賜された。

他方で、一矩は、千利休に師事した茶人の1人としても知られる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大恩院殿日陽慶春大姉。
  2. ^ または「関兼員」ともいう。いずれも美濃の鍛冶師。
  3. ^ 高柳 & 松平 1981, p.2
  4. ^ 桑田忠親 『桑田忠親著作集 第7巻 (戦国の女性)』 秋田書店、1979年、251頁。 ASIN B000J8BBR4
  5. ^ 和歌山県日高郡みなべ町(旧南部川村)。
  6. ^ 『毛利家文書』高柳 & 松平 1981, p.3
  7. ^ 一説には弟矩貞の長男で、甥であり、一矩の猶子であったとする。

参考文献[編集]