青木一矩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
青木一矩 / 青木秀以
青木重吉
時代 安土桃山時代
生誕 生年不詳
死没 慶長5年10月6日[1][2]1600年11月11日
または慶長5年10月10日[3][4][5](1600年11月15日
改名 [通説1]青木一矩 → 青木重治 → 青木秀以
[通説2]青木一矩 → 青木秀以 → 青木重吉→ 青木秀政
[黒田説]青木重吉
別名 重治、重吉、秀以、秀政[5]、羽柴秀以
通称:勘兵衛、勘七、青木紀伊守、羽柴越府侍従、羽柴府中侍従、羽柴北庄侍従
戒名 西江院殿前紀州太守傑山長英大居士[1]
官位 紀伊守従五位下侍従
主君 羽柴秀長豊臣秀吉秀頼
氏族 青木氏(羽柴氏、豊臣氏)
父母 [通説]父:青木重矩、母: [通説]大恩院[注釈 1](関兼貞[注釈 2]の三女、大政所の妹)
[黒田説]父母不明
兄弟 一矩(秀以、重吉)、矩貞(半右衛門)[1]、女[1]
俊矩[猶子とも言う][注釈 3]
蓮華院[6]徳川家康側室、のち本多正純正室)

青木 一矩(あおき かずのり)は、安土桃山時代武将大名豊臣秀吉従兄弟豊臣家の一門衆。越前大野城府中城、次いで北ノ庄城の城主。千利休に師事した茶人としても知られ[7]名物の所持者でもあった。

生涯[編集]

名前[編集]

通称青木紀伊守がよく用いられるが、は複数伝わっており、青木 秀以(あおき ひでもち)の名でも知られる。

黒田基樹によると、本人の発給文書をはじめとする一次史料で確認できる実名は「重吉」のみであるとして、青木重吉にすべきであるという[注釈 4]。ただし高柳光寿は、一次史料にある「自署の名は読めない」[5]と書いており、悪筆によりは判読不明であるとして青木紀伊守を用いている。通説では、初め勘兵衛一矩を名乗り、次いで重治、偏諱を受けて秀以と改めた[8]か、または一矩、秀以、重吉、秀政の順とする[5]

このように人物比定が不確かであるため、経歴をしばしば青木一重とも混同されるが、これは別人である[5]

出自[編集]

通説によれば、美濃国大野郡揖斐庄の住人・青木重矩(勘兵衛)の子として生まれた[8]。『青木系図』では、藤原氏魚名流の青木氏として作られており、一矩は元弘3年(1333年)に恒良親王を奉じて千種忠顕らと共に挙兵した青木以季義季親子の8代孫にされている[1][注釈 5]

通説によれば、一矩の母・大恩院[注釈 1]は、秀吉の生母である大政所(天瑞院)の妹[2](一説には姉)で、秀吉の叔母(または伯母)にあたる。秀吉が大政所の侍女に宛てた下記の書簡が根拠となる。

又申候。われらおばのきのかみはゝ[注釈 6]、大まんどころに、きにちがい候にて、めいわく申候はんまゝ、かわいく候間、わび事の文を大まんどころへ進上候間、ひろう — 桑田忠親著作集 第7巻[9]

桑田忠親はこれを以て、青木紀伊守秀以(一矩)と秀吉とは従兄弟の関係に当たるとしている[9]。母は後年は大政所の侍女を務めた。

黒田も、同じ書簡から重吉(一矩)の母が秀吉の「おば」であり、重吉が秀吉の従兄弟であるのは間違いないとするが、それ以外の素性は一次史料では不明として、豊臣政権の譜代大名で「公家成・羽柴名字」という厚遇を受けたのが福島正則・青木重吉の二人のみであることに着目し、「二人は秀吉の父方の従兄弟であったと考えるべき」との別の主張をしている[3][注釈 7]

略歴[編集]

最初、羽柴秀長に仕え[10]天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いに従軍[11][5]

天正13年(1585年)4月の紀州征伐で秀長に従って湯川直春を破った[2]。同年5月の四国遠征に従軍した功で、知行1,000石から一気に1万石に加増され[5][12]紀伊国入山城[注釈 8](にゅうやまじょう)主となる[5][注釈 9]。『武家事紀』では秀長家臣の筆頭に列せられている[13]

富山の役の後、天正14年(1586年)に金森信近飛騨国へ移封されることになり、旧領である越前国大野郡[注釈 10]に転封が命じられた[3]。実際に越前に移ったのは天正15年(1587年)頃と推測され[12]、この頃から豊臣秀吉に直仕した[5][11]。同年、播磨[注釈 11]立石城に転封[5][11]になるが、再び越前国に戻され、大野城8万石の加増となった[5][11][注釈 12]

天正18年(1590年)、小田原征伐に従軍[5][11]

文禄元年(1592年)の文禄の役に従軍[5][11]。1,000人(1,400人)を率いて肥前国名護屋城に在陣している[14]。同年、山城国に転封となった木村重茲の旧領である越前府中城に移封となった[注釈 13]。ただし、黒田はこれを文禄4年(1595年)のこととする[3]

文禄3年(1594年)、伏見城の普請分担に参加[5][11]

慶長2年(1597年)7月21日に従五位下侍従に叙任されて豊臣姓を賜った[5][11][注釈 14]。これにより、羽柴越府侍従羽柴府中侍従を称し、以後、通称としては羽柴紀伊守を用いた[3][注釈 15]

慶長3年(1598年)8月、秀吉が死去すると、葬儀では従兄弟である福島正則と共に秀頼の名代を務めた。

豊臣政権が五大老による合議で運営されはじめると、秀吉遺命として翌慶長4年(1599年)2月5日付けで徳川家康ら五大老連署の知行宛行状が発行されて、すでに命じられていた小早川秀秋の越前北ノ庄への転封が取り消されて、その旧領の筑前名島城へ復帰したので、代わって、府中の一矩が北ノ庄21万石(20万石ともする)への加増・転封が命じられ、越前北ノ庄城主となった[5][11][3][15]。以後、羽柴北庄侍従を称する[注釈 16][注釈 17]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの際は、大谷吉継ら北陸の諸将と共に西軍に味方した[5][11][注釈 18]が、病床にあって出陣は叶わず[5]、東軍の前田利長の抑えとして北国口に留まった[2]。関ヶ原本戦で西軍が敗戦した後、前田利長の軍勢が越前に侵攻して鳴鹿川(竹田川)を渡って北ノ庄に迫ったが[2]、この時、すでに一矩は死の淵にあり、10月10日[5](6日とも[1][2])に病死した。法名は西江院傑山長英居士[2]

ただし、『福井県史』は異説を書いており、北ノ庄の「青木一矩」は、府中の堀尾可晴と同じく東軍に与したとする。「去就は微妙な点もあったが、最終的には東軍に付き、関ケ原後も所領に変化はなかった。しかし慶長五年十月十日、一矩が病死したことで除封となり、その跡に保科正光が在番として入った」[4]とある。ただし『廃絶録』には青木紀伊守一矩の名前があり、「関原役畢(おわり)てのち前田利長によりて降参す」と書かれていて[17]、『福井県史』表5の内容と異なる。『福井県史』は領地を安堵された[4]というが、処分未定のまま病死して、結果的に領地没収となったようである。

子孫[編集]

一矩の病死によって、北ノ庄の所領は除封された[5][3]

前田利長は、隣国のよしみからこれを哀れみ、土方雄久を仲介として嫡男[注釈 3]俊矩(越前金剛院城主2万石)に降伏するように説得し、利長は俊矩を連れて大津の徳川家康の本陣に赴いて、拝謁を取りはからったが、許されず、青木家はすべて改易となった[18]

また娘の蓮華院(お梅の方)は徳川家康の側室の1人であったが、後に本多正純の継室として下賜され、正純の失脚後は尼となった[6]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 法号は大恩院殿日陽慶春大姉。
  2. ^ または「関兼員」ともいう。いずれも美濃鍛冶師
  3. ^ a b 一説には弟矩貞の長男で、甥であり、一矩の猶子であったとする[1]
  4. ^ 「一矩」あるいは「秀以」という名は、江戸時代以後の編纂物のみに現れるので、黒田基樹は『今後は「青木重吉」と正確に表記すべき』と主張している[3]
  5. ^ ただし同系図では、丹治氏青木を称する青木重直の一族とも同族とされており、『寛政重修諸家譜』と整合しない。
  6. ^ 「紀(伊)の守の母」の意味。
  7. ^ ただし通説では福島正則も母方の従兄弟で、正則の母・松雲院も大政所の姉妹とされている。秀吉の父方の系譜がわかる史料は存在しないので、黒田説は現在のところはまだ仮説である。
  8. ^ 和歌山県日高郡みなべ町(旧南部川村)。
  9. ^ 『玉置覚書』による[5]
  10. ^ 4万5千石と推定される[12]
  11. ^ 実際に立石城があるのは摂津国で、明石城の誤記や歴代城主との混同も考えられるが、出典に従った。
  12. ^ 『青木系図』や『越前人物誌』によれば、これらは九州の役の戦功という[1][2]
  13. ^ 『越前国誌』による[5]
  14. ^ 公家成。口宣案が現存。
  15. ^ 羽柴名字[要追加記述]
  16. ^ 『毛利家文書』による[5]
  17. ^ 同じく羽柴北庄侍従と称された堀秀治とは、官位羽柴姓拝領なども同じである。
  18. ^ 黒田は「青木重吉」は東軍に味方したとする[3]。ただし笠谷和比古は「青木一矩」は西軍に属したとしている[16]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 青木系図”. 東京大学史料編纂所. 2017年1月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 福田 1910, p. 100
  3. ^ a b c d e f g h i 黒田 2016, pp. 107-111, 「青木重吉」
  4. ^ a b c 第一章「織豊期の越前・若狭」第三節「豊臣政権と若越」一「越前・若狭の大名配置―慶長五年九月”. 『福井県史』通史編3 近世一. 2017年1月8日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 高柳 & 松平 1981, p.3
  6. ^ a b 秋元茂陽、「側室 お梅の方」 『徳川将軍家墓碑総覧』 星雲社、2008年、70頁。ISBN 9784434114885 
  7. ^ 守田公夫 『名物裂の成立』 奈良国立文化財研究所、1970年 
  8. ^ a b 福田 1910, p. 99
  9. ^ a b 桑田忠親 『桑田忠親著作集 第7巻 (戦国の女性)』 秋田書店、1979年、251頁。 ASIN B000J8BBR4
  10. ^ 桑田 1971, p. 158.
  11. ^ a b c d e f g h i j 阿部 1990, p. 10
  12. ^ a b c 第一章「織豊期の越前・若狭」第三節「豊臣政権と若越」一「越前・若狭の大名配置―金森長近の飛騨転封”. 『福井県史』通史編3 近世一. 2017年1月8日閲覧。
  13. ^ 桑田 1971, p. 60.
  14. ^ 『松浦古事記』による。
  15. ^ 第一章「織豊期の越前・若狭」第三節「豊臣政権と若越」一「越前・若狭の大名配置―青木一矩の北庄入部”. 『福井県史』通史編3 近世一. 2017年1月8日閲覧。
  16. ^ 笠谷 2007, p. 40, 「西軍武将一覧」
  17. ^ 近藤瓶城編、国立国会図書館デジタルコレクション 「廃絶録」 『史籍集覧. 第11冊』 近藤出版部、1926年、3頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920318/413 国立国会図書館デジタルコレクション 
  18. ^ 福田 1910, p. 100-101.

参考文献[編集]