松虫停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松虫駅から転送)
移動先: 案内検索
松虫停留場
松虫停留場(2007年7月)
松虫停留場(2007年7月)
まつむし
MATSUMUSHI
HN02 阿倍野 (0.7km)
(0.4km) 東天下茶屋 HN04
所在地 大阪市阿倍野区松虫通1丁目・阿倍野元町1番
駅番号  HN03 
所属事業者 阪堺電気軌道
所属路線 上町線
キロ程 1.2km(天王寺駅前起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線
開業年月日 1910年(明治43年)10月1日
テンプレートを表示

松虫停留場(まつむしていりゅうじょう)は、大阪府大阪市阿倍野区阿倍野元町1番(ただし、隣接地は松虫通一丁目1番)にある阪堺電気軌道上町線停留場駅番号HN03

歴史[編集]

構造[編集]

相対式の2面2線で、上下線とも天王寺駅前駅よりに踏切がありホームは対向している。なお、どちらのホームにも上屋が設置してある。また天王寺駅前方面のホームは2両が停車できる長さになっている(実際に使用されることはないと思われる)

住吉公園駅寄りに手動式の非常用上下渡り線がある。ここより北側の併用軌道区間で線路障害、および列車運行が不能となるような事件・事故・災害等が発生した際には、これを実際に使用して、浜寺駅前(我孫子道)・住吉公園 - 当駅間の臨時系統による折り返し運転を行うことがある。

2005年(平成17年)5月に発生した阿倍野駅付近での水道管の破裂事故により列車の運行ができなくなった際、方向幕および電光行先表示は「天王寺駅前」のままで、運転席の窓側にA4サイズ位の大きさの紙に「松虫」と手書きで書かれた紙を貼り付け運行した。その際、当駅 - 天王寺駅前間を走る「あべの筋」の阿倍野交差点 - 近鉄前交差点間が通行止めとなった事から、同区間を併走する大阪市営バスは阿さひ保育園経由で迂回して運行されていた。しかし、市バスによる振替輸送はなかった。

周辺[編集]

松虫塚

駅周辺は呑み屋が存在する程度だが、すぐ近隣のあべの筋沿いには商店が多数存在する。また、付近は学校が多く学生の姿をよく目にする。

バス[編集]

駅南側にある松虫交差点周辺にバス停が広がる。1990年(平成2年)前後までは、東天下茶屋バス停だった。

大阪市営バス(松虫停留所)

2008年(平成20年)春頃までは、20号系統JR平野行きのバス、2013年3月31日まで赤バス阿倍野ループ)、2014年3月31日までは47号系統(地下鉄住之江公園 - 西住之江 - 松虫 - 地下鉄昭和町 - あべの橋)も停車していた。

隣の停留場[編集]

阪堺電気軌道
上町線
阿倍野停留場 (HN02) - 松虫停留場 (HN03) - 東天下茶屋停留場 (HN04)
  • ()内は駅番号を示す。

関連項目[編集]