松本英一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松本 英一郎(まつもと えいいちろう、1932年7月8日2001年6月17日)は、日本洋画家である。

福岡県久留米市出身、福岡県立明善高等学校から東京芸術大学に進学、卒業時に大橋賞を受ける。独立展を拠点に活動する。東京都立駒場高等学校で教鞭をとり、その後多摩美術大学に転じ、教授職をつとめ、後進の指導に力を注いだ。

風景画を中心に描き、〈退屈な風景〉〈さくら・うし〉の連作をのこす。

義父は教育学者の石川謙、義兄に石川松太郎がいる。

参考文献[編集]