松戸市立福祉医療センター東松戸病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 松戸市立福祉医療センター東松戸病院
Higashi Matsudo Hospital 01.jpg
情報
正式名称 松戸市立福祉医療センター東松戸病院
英語名称 Higashi Matsudo Hospital
前身 国立療養所松戸病院(旧厚生省保有)
標榜診療科 内科、呼吸器内科、神経内科、精神科、外科、整形外科、リハビリテーション科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、婦人科
許可病床数 198床
開設者 松戸市
開設年月日 1993年10月1日(施設移譲後)
所在地
270-2222
千葉県松戸市高塚新田123-13
位置 北緯35度45分25.4秒
東経139度56分36秒
特記事項 介護老人保健施設「梨香苑」併設
PJ 医療機関
テンプレートを表示

松戸市立福祉医療センター東松戸病院(まつどしりつふくしいりょうせんたあひがしまつどびょういん、Higashi Matsudo Hospital)は、千葉県松戸市にある公立医療機関である。通称は「松戸市立東松戸病院」。

概要[編集]

旧国立療養所松戸病院が柏市へ移転(国立がん研究センター東病院へ統合)したのに伴い、松戸市が旧厚生省から施設譲渡を受け開設されたのが松戸市立福祉医療センター東松戸病院である。

譲渡前は感染症やその後遺症等の長期療養のための施設であったことなどから、緑の豊かな環境に置かれており、利用者のプライバシーが守られるような立地になっている。施設内には介護老人保健施設「梨香苑」が併設されている。

沿革[編集]

  • 1941年東京市(現東京都)が高塚新田の地に療養所の開設を決定[1]
  • 1942年 病棟(木造)竣工、松戸療養所として創立
  • 1943年 日本医療団へ移管
  • 1947年 旧厚生省へ移管、国立松戸療養所となる(後に「国立療養所松戸病院」と改称)
  • 1992年 旧国立療養所松戸病院の移転(柏市の国立がん研究センター東病院へ統合)に伴い、松戸市が施設の譲渡を受ける
  • 1993年 松戸市立福祉医療センター東松戸病院開設
  • 2001年 総合リハビリテーション施設基準認定
  • 2002年 言語聴覚療法(II)施設基準認定
  • 2005年 日本老年医学会認定施設

診療科[編集]

交通[編集]

病院入口

脚注[編集]

  1. ^ 松戸市誌編さん委員会『松戸市史(下巻)2』(再刊・1979年) p.347

関連項目[編集]

外部リンク[編集]