松平康俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 康俊(まつだいら やすとし、1552年天文21年) - 1586年5月20日天正14年4月2日)は、戦国時代武将

久松俊勝の三男。母は水野忠政の娘・伝通院(於大の方)。徳川家康の異父弟に当たる。松平康元の弟で松平定勝の兄。異母兄に久松信俊がいる。名は勝俊とも呼ばれる。

生涯[編集]

静岡県浜松市中区西来院の墓所

永禄6年(1563年)、家康の命により今川氏真人質として駿河国に赴く。同11年武田信玄の侵攻を受けて甲斐国に送られた。元亀元年(1570年)冬、家康の手配で甲斐から逃れたが、両足の指を凍傷で失ってしまったという。

天正11年(1583年)に駿河国の久能城を与えられたが、同14年に死去した。享年35。その死後、娘婿として水野忠分の子・松平勝政が迎えられている。勝政は駿府城番で8000石、子の勝義下総国多古8000石を与えられた。子孫は多古藩主および旗本となっている。墓所は静岡県浜松市広沢2-10-1の西来院。法名は澄清と伝えられている(『新訂寛政重修諸家譜』1巻285項)。

外部リンク[編集]