松平勝房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平勝房
時代 江戸時代中期
生誕 元禄15年3月18日1702年4月14日
死没 延享3年12月30日1747年2月9日
改名 源三郎(幼名)→勝房
戒名 徳広院殿随巌道喜大居士
墓所 東京都豊島区巣鴨の白泉寺
官位 従五位下、美濃
幕府 江戸幕府
下総国多胡藩
氏族 久松松平氏
父母 父:松平勝以
母:池田政武の養女(池田政直の娘)
兄弟 権太郎、勝房
正室:水野忠定の娘
養子:勝尹

松平 勝房(まつだいら かつふさ)は、下総多胡藩の第2代藩主。

元禄15年(1702年)3月18日、初代藩主松平勝以の次男として生まれる。長兄の権太郎が早世したために世子となり、享保元年(1716年)12月に従五位下・美濃守に叙位・任官する。享保13年(1728年)、父の死去により家督を継いだ。

享保21年(1736年)4月6日、家督を養子の勝尹に譲って隠居した。延享3年(1746年)12月31日に死去した。享年45。