松平勝全

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平勝全
時代 江戸時代中期
生誕 寛延3年10月27日1750年11月25日
死没 寛政8年2月3日1796年3月11日
改名 源三郎(幼名)→勝全
戒名 徳彰院殿維隣道栄大居士
墓所 東京都豊島区巣鴨の白泉寺
官位 従五位下豊前守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
下総多胡藩
氏族 久松松平氏
父母 父:松平勝尹、母:松平忠刻養女[1]
兄弟 勝全久松尹方飯河信門本多忠興正室、政、脇坂安崇
正室:松平信直
継室:松平忠俔
勝従勝升村上正方全好永田全賢久松全正

松平 勝全(まつだいら かつたけ)は、江戸時代中期の大名下総国多胡藩4代藩主。官位従五位下豊前守

略歴[編集]

寛延3年(1750年)10月27日、3代藩主松平勝尹の長男として生まれる。明和5年(1768年)、父の死去により家督を継ぎ、12月18日に従五位下・豊前守に叙位・任官する。

安永9年(1780年)に大坂加番に任じられ、寛政2年(1790年)3月から寛政5年(1793年)4月まで江戸城馬場先門番を務めた。寛政6年(1794年)10月6日、病気を理由に家督を次男の勝升に譲って隠居する。寛政8年(1796年)2月3日に死去した。享年47。

脚注[編集]

  1. ^ 松平観敬の娘