松平勝義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平勝義
時代 江戸時代前期
生誕 慶長7年(1602年
死没 寛文10年11月17日1670年12月29日
改名 源三郎(幼名)→勝義
戒名 道確
墓所 萬福寺
官位 従五位下、因幡守、豊前守
幕府 江戸幕府 大番
氏族 久松松平氏
父母 父:松平勝政
正室:安藤重能の娘
勝則勝忠土屋知義勝光勝直勝郷
勝秀木村清真勝以

松平 勝義(まつだいら かつよし)は、江戸時代前期の旗本

生涯[編集]

寛永9年(1632年)12月6日に従五位下・因幡守に叙任される。寛永12年(1635年)、父が亡くなったため11月9日に家督を継承し、旗本寄合席に列した。この際、8000石の領地を駿河国から上総国武射郡下総国香取郡に移封され、多古を居所とした。

承応2年(1653年)9月27日、大番頭に任命される。寛文5年(1665年)1月2日、大坂城の守衛を担当していた際、落雷があり天守閣が炎上した。その最中、勝義は水野正盛と共に危険を顧みず天守閣に登り、扇の馬印下知状を外に避難させた。このことは幕府にも伝わり、目付稲生正倫を通じて感謝の意が伝えられた。

寛文10年(1670年)11月17日、守衛中に69歳で死去した。家督は次男の勝忠が継いだ。

出典[編集]