松平勝権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平勝権
時代 江戸時代後期
生誕 文化4年5月26日1807年7月1日
死没 慶応4年閏4月23日1868年6月13日
改名 源三郎(幼名)→勝権
戒名 至徳院厚仁恵相心日清大居士
墓所 千葉県香取郡多古町南中の妙興寺
官位 従五位下、相模
幕府 江戸幕府
下総国多胡藩
氏族 井伊氏久松松平氏
父母 父:井伊直中、養父:松平勝升
兄弟 井伊直清穠姫井伊直亮井伊中顕中川久教
内藤政成勝権新野親良井伊直元
横地義之内藤政優井伊直弼内藤政義
正室:寿美松平勝升の養女・久松全好の次女)
勝行

松平 勝権(まつだいら かつのり)は、下総多胡藩の第6代藩主。

文化4年(1807年)5月26日、近江彦根藩井伊直中の九男として生まれる。多胡藩の第5代藩主松平勝升婿養子となる。文政元年(1818年)に勝升が死去したため家督を継ぎ、11月16日に従五位下・相模守に叙位・任官する。

天保元年(1830年)に江戸小石川藩邸に藩校を創設し、藩士子弟の教育化に専念した。嘉永元年(1848年)10月7日、病気を理由に家督を長男の勝行に譲って隠居する。慶応4年(1868年)閏4月23日に死去した。享年62。