松平勝升

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平勝升
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 安永7年5月10日1778年6月4日
死没 文政元年9月5日1818年10月4日
別名 辰次郎、源三郎(幼名)→勝升
戒名 徳誠院殿泰山道光大居士
墓所 東京都豊島区巣鴨の白泉寺
官位 従五位下、中務少輔、大蔵少輔
幕府 江戸幕府
下総国多胡藩
氏族 久松松平氏
父母 父:松平勝全、母:松平信直の娘
兄弟 勝従勝升村上正方全好
永田全賢久松全正
正室:植村家長の娘
養子:勝権
寿美松平全好の娘・松平勝権正室)

松平 勝升(まつだいら かつゆき)は、下総多胡藩の第5代藩主。

安永7年(1778年)5月10日、第4代藩主松平勝全の次男として生まれる。兄の勝従が早世したため、安永8年(1779年)4月25日に世子となる。寛政6年(1794年)10月6日、父が病気を理由に隠居したため家督を継いだ。12月16日に従五位下・中務少輔に叙位・任官する。

文政元年(1818年)9月5日(異説として8月)に死去した。享年41。跡を養子の勝権が継いだ。