松岡博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松岡 博(まつおか ひろし、1939年(昭和14年)3月31日 - 2013年(平成25年)7月25日)は大阪市出身の法学者。元帝塚山大学学長で帝塚山大学国際ビジネス法務塾塾長。元大阪大学副学長弁護士大阪弁護士会、土居総合法律事務所)、大阪市人事委員会委員長。

略歴[編集]

1957年大阪府立清水谷高等学校卒業。1961年大阪大学法学部卒業。法学博士。専門は国際私法、国際取引法。1970年に大阪大学法学部助教授1974年、米ハーバード・ロー・スクール客員研究員。1981年、大阪大学法学部教授1987年、法学博士(大阪大学)。1990年、大阪大学学生部長。1992年司法試験(第二次試験)考査委員(1999年まで)。1993年、大阪大学法学部長1994年、大阪大学副学長。2002年、帝塚山大学法政策学部教授、大阪大学名誉教授。2003年、帝塚山大学法政策学部長。2004年、弁護士登録。2005年、帝塚山大学学長。2007年、帝塚山大学国際ビジネス法務塾塾長。

そのほか、中央労働委員会地方調整委員長、財団法人国際高等研究所フェローなど。国際法学会(名誉会員)、国際私法学会(監事)、国際経済法学会国際法協会(日本支部理事)、日米法学会などに所属。

2013年7月25日に甲状腺がんのため死去[1]、74歳没。

著書[編集]

単著
共著
編纂
翻訳

脚注[編集]

  1. ^ 松岡博氏死去(大阪大名誉教授・国際私法学) 時事ドットコム 2013年7月30日閲覧

外部リンク[編集]