東矢場町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 東区 > 東矢場町
東矢場町
日本の旗 日本
都道府県 愛知県の旗 愛知県
Flag of Nagoya.svg 名古屋市
東区
町名廃止 1981年(昭和56年)9月13日[1]
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
市外局番 052[2]
ナンバープレート 名古屋[3]

東矢場町(ひがしやばちょう)は、愛知県名古屋市東区地名

歴史[編集]

地名の由来[編集]

当地において1656年寛文2年)、尾張藩徳川光友星野勘左衛門のために三十三間堂に似せた弓道場を作ったことに由来する[4]。名古屋には既に矢場町があったため、東矢場町と呼ばれた[4]

沿革[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 名古屋市計画局 1992, p. 741.
  2. ^ 総務省総合通信基盤局電気通信事業部電気通信技術システム課番号企画室 (2014年4月3日). “市外局番の一覧 (PDF)” (日本語). 総務省. p. 7. 2015年5月23日閲覧。
  3. ^ 管轄区域” (日本語). 愛知県自動車会議所. 2021年9月23日閲覧。
  4. ^ a b 名古屋市計画局 1992, p. 148.
  5. ^ 名古屋市計画局 1992, pp. 740–741.

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編(日本語) 『角川日本地名大辞典 23 愛知県』角川書店、1989年3月8日。ISBN 4-04-001230-5 
  • 名古屋市計画局(日本語) 『なごやの町名』名古屋市計画局、1992年3月31日。