東門前町 (名古屋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 東区 > 東門前町
東門前町
日本の旗 日本
都道府県 愛知県の旗 愛知県
市町村 名古屋市
東区
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
市外局番 052 (名古屋MA)[1]
ナンバープレート 名古屋

東門前町(ひがしもんぜんちょう[2])は、愛知県名古屋市東区の地名。

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 慶長期末から万治年間 - この時期に町家が形成された[2]
  • 貞享2年 - 東寺町と称していたが、東門前町と改称される[2]
  • 1878年(明治11年)12月20日 - 名古屋区東門前町となる[3]。この時点で一部が松山町に編入される[4]
  • 1889年(明治22年)10月1日 - 名古屋市成立に伴い、同市東門前町となる[3]
  • 1908年(明治41年)4月1日 - 東区成立に伴い、同区東門前町となる[3]
  • 1944年(昭和19年)2月11日 - 栄区成立に伴い、同区東門前町となる[3]
  • 1945年(昭和20年)11月3日 - 栄区廃止に伴い、中区東門前町となる[3]
  • 1946年(昭和21年)4月15日 - 東区編入に伴い、同区東門前町となる[3]
  • 1976年(昭和51年)1月18日 - 全域が東桜二丁目に編入され、消滅[3]

寺院[編集]

  • 浄土宗西蓮寺[2]
  • 曹洞宗含笑寺[2]
  • 曹洞宗永安寺[2]
  • 曹洞宗長全寺[2]
  • 日蓮宗法華寺[2]
  • 日蓮宗本住寺[2]
  • 天台宗宝泉寺[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年3月8日(日本語)。ISBN 4-04-001230-5
  • 名古屋市計画局『なごやの町名』名古屋市計画局、1992年3月31日(日本語)。

関連項目[編集]