末廣誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
末廣誠
生誕 (1959-01-26) 1959年1月26日(58歳)
出身地 日本の旗 日本
鹿児島県鹿児島市
学歴 鹿児島大学桐朋学園大学
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

末廣 誠(すえひろ まこと、1959年1月26日 - )は、クラシック音楽指揮者鹿児島県鹿児島市生まれ。鹿児島大学教育学部音楽科卒。その後、桐朋学園大学研究科卒業。1991年に第4回フィッテルベルク国際指揮者コンクールで優勝(第1位)。

クラコフ放送交響楽団首席客演指揮者、国立シレジア歌劇場定期客演指揮者、宮城フィルハーモニー管弦楽団(現仙台フィルハーモニー管弦楽団)・群馬交響楽団札幌交響楽団の指揮者を歴任。

広範なレパートリーを持ち、特にオペラバレエ等の舞台作品において活動している。

小学生の頃、自ら小太鼓を習いに行き、学生時代はティンパニ奏者でもあった。

2007年12月2日学習院OB管弦楽団第56回定期演奏会(皇太子徳仁親王参加)での指揮をする。

現在は、東邦音楽大学特任准教授も務める。 地方アマチュアオーケストラとの共演も多い。 2009年3月には小田原で、新ホール建設イベント企画として市長も参加の下、第九の指揮依頼があり小田原に新風を吹き込むひとりとして期待されている。

著書[編集]

  • 『マエストロ・ペンのお茶にしませんか?』(2007年 レッスンの友社)

外部リンク[編集]