木村博史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木村 博史
(きむら ひろふみ)
誕生 1971年7月25日
日本の旗 日本 兵庫県西宮市
職業 作家
映像プロデューサー
テレビプロデューサー
クリエイティブディレクター
言語 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2004年 -
ジャンル 実用書、ビジネス書、テレビ番組、CM、映像、講演
文学活動 日本ペンクラブ
代表作 『YouTube成功の実践法則60』(2018年)
『Zoom 1歩先のツボ 77』(2020年)
デビュー作 『人を動かす言葉の仕組み』(2013年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

木村 博史(きむら ひろふみ、1971年7月25日 - )は、日本の作家クリエイティブディレクター放送作家テレビプロデューサー日本ペンクラブ会員。

兵庫県西宮市生まれ。龍谷大学法学部卒業。共栄火災海上保険株式会社を経てインプリメント株式会社 取締役社長に就任。マーケティングツール制作に必要なメソッドを1枚のシートにまとめた「アイデアシート」が『人を動かす言葉の仕組み』として書籍化されて以降、YouTubeの運営、撮影、編集方法をまとめた『YouTube成功の実践法則53』など作家としての活動をスタートする。[1]。マーケティングツール、映像制作、テレビ番組制作だけでなく企業での動画運用コンサルティング、講演、雑誌寄稿などを行なっている。2020年5月に社長を務めるインプリメント株式会社がZoomビデオコミュニケーションズジャパン公認のウエビナー配信ベンダーであるZoom Webinarパートナーとなる。

来歴・人物[編集]

保険会社時代は商品開発部で自動車保険の開発や決算業務を担当。この時の経験と知識が映像業界では異色なので決算発表会など企業イベントのオンライン配信のディレクションに役に立っていると述べている[2]

YouTubeなどSNSの動画制作にあたってはツクル、ツタワル、ツナガルの「3つのツ」を大切に唱えている。これは映像業界に入った頃に撮影現場で教えられた牧野省三の「1スジ・2ヌケ・3動作」からヒントを得て作ったフレーズだと言っている。映像制作でも「1スジ・2ヌケ・3動作」を大切にしており、「1スジ」については四層分析を使った企画や台本作り[3]、「2ヌケ」についてはプロでなくても揃えられる撮影機材の組み合わせ[4]、「3動作」についてはスタニスラフスキー・システムを基にした立体的な表現演出などを現代に内容を置き換えておこなっている[5]。 講演では映画やテレビ番組のシーンを使った演出や技術の説明が多く、質問が映画のことだけで盛り上がってしまうことも多い。

著書[編集]

  • 人を動かす言葉の仕組み(KADOKAWA
  • YouTube成功の実践法則53(ソーテック社
  • 伝わるプレゼン資料作成成功の実践法則50(ソーテック社
  • 改訂版 YouTube成功の実践法則60(ソーテック社
  • 世界一やさしい ブログ×YouTubeの教科書1年生(ソーテック社
  • 「作る」と「使う」の2つで変わる 動画で稼ぐ仕事術 Zoom、YouTube時代の新しい働き方 (WAVE出版
  • ウェビナー&オンラインイベントもミーティングもオンライン授業も! Zoom 1歩先のツボ 77(ソシム)
  • これならわかる! できる! オンラインシフトの教科書(WAVE出版
  • ビジネスに役立つ 教養としての映像/動画(主婦の友社

主な寄稿[編集]

主なメディア制作・プロデュース[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Amazon.co.jp: 木村 博史:作品一覧、著者略歴
  2. ^ ビデオサロン2020年8月号ライブ配信の教室. 玄光社. (2020年7月18日) 
  3. ^ 『これならわかる!できる!オンラインシフトの教科書』WAVE出版、2021年8月10日。 
  4. ^ 『改訂版YouTube成功の実践法則60』ソーテック社、2018年4月21日。 
  5. ^ 『「作る」と「使う」の2つで変わる動画で稼ぐ仕事術Zoom、YouTube時代の新しい働き方』WAVE出版、2020年3月14日。 
  6. ^ 東洋経済オンライン 執筆者 木村 博史
  7. ^ 発端はひろゆき氏 日常垂れ流す「ニート系YouTuber」注目される理由

外部リンク[編集]