木原正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木原 正雄(きはら まさお、1918年1月5日 - 2008年6月24日[1])は、日本の経済学者。

略歴[編集]

京都市出身。1941年立命館大学経済学部卒、1967年「社会主義経済の理論」で京都大学経済学博士。1942年満州国総務庁高等官試補、満洲建国大学高等官試補。43-45年民族研究所勤務、45年京都帝国大学講師、1950年京都大学経済学部助教授、68年教授となり、70-71年、73-74年経済学部長を務め、退官後名誉教授、阪南大学教授をへて、高知女子大学高知女子大学保育短期大学部学長を務めた。日本学術会議会員[2]。ソ連など社会主義経済が専門。

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • 『再生産と国民経済バランス論』編, 木原正雄 等訳 有斐閣 (京都大学総合経済研究所研究叢書) 1956
  • ア・イ・ペトロフ編『経済統計学教程』大橋隆憲共監修訳 有斐閣 1957-61
  • 『価値と価格の理論 ソビエト経済学界の論争と成果 (京都大学総合経済研究所研究叢書)訳編 有斐閣 1958
  • プレハーノフ『歴史における個人の役割』岩波文庫 1958
  • レーニン『経済学評注』大月書店 1974


論文[編集]

脚注[編集]