高知女子大学保育短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高知女子大学保育短期大学部
大学設置 1975年
創立 1948年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 公立
設置者 高知県
本部所在地 高知県高知市大原町132
学部 保育科
テンプレートを表示

高知女子大学保育短期大学部(こうちじょしだいがくほいくたんきだいがくぶ、英語: College of Child Development, Kochi Women's University[1])は、高知県高知市大原町132に本部を置いていた日本公立大学である。1975年に設置。学生募集は1996年度まで。1998年3月31日をもって正式廃止[2][3]。現在、短期大学のキャンパス跡地は、高知県生涯学習支援センターに利用されている[4]

概要[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

  • 高知女子大学保育短期大学部には1948年創立の高知県立保母養成所が起源となっており、保育者の養成に力をいれ、附属保育園での「保育実習」が取りいれられていた。

学風および特色[編集]

  • 高知女子大学保育短期大学部は、保育に関する専門的学理と応用とを教授研究し、もって児童福祉に献身することのできる保育者を育成することを目的として創設された[5]
  • 女子大学に併設させていたため、学名通り女子を対象とした短大となっていたが、後に男女共学化された。
  • 入学試験制度の一つに、一芸一能に秀でた人を選抜するという「くろしお入試」があった[6]

沿革[編集]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 高知県高知市大原町132

象徴[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 保育科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

附属機関[編集]

  • 保育所:1951年9月に設置された。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 高知女子大学保育短期大学部で活動していたクラブ活動:主に、文化系のクラブが中心になって活動していた[6]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

教員関係:一部紹介

対外関係[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 保育所の保育士や幼稚園教諭への就職者が割合として最も多かったようである。

編入学・進学実績[編集]

  • 高知女子大学への編入学制度があったものとみられる。

参考文献[編集]

関連書物[編集]

  • 『高知女子大学保育短期大学 開校二十周年記念誌』(高知女子大学保育短期大学部20周年記念誌編集委員会編。1995年12月発行。高知県立図書館に所蔵されている)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://ci.nii.ac.jp/naid/110003758795より
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』254頁より。
  3. ^ ただし、現在のところ大学の学部には保育士や幼稚園教員養成課程がないため、実質上は廃校とも看做される。
  4. ^ グーグルマップでかつての所在地の近況を調査した結果。
  5. ^ a b 『全国公立短期大学協会三十年誌』187頁
  6. ^ a b c 短大蛍雪 1992年9月臨時増刊号』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ)152頁
  7. ^ 昭和51年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)36頁より。
  8. ^ 平成5年度版『総覧』53頁も参照のこと。
  9. ^ 平成9年度版『総覧』60頁より
  10. ^ 平成10年度版『総覧』62頁より
  11. ^ 大学・短大・高専 校歌リストより