有馬洪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有馬 洪 Football pictogram.svg
名前
カタカナ アリマ コウ[1]
ラテン文字 ARIMA Ko
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1917年8月22日[1][2]
選手情報
ポジション HB
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
東京帝国大学
代表歴2
1951 日本の旗 日本 3 (0)
監督歴
1947-1954 東京大学ア式蹴球部
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2014年7月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

有馬 洪(ありま こう、1917年8月22日 - )は、日本薬学研究者、経営者である。また、サッカー選手としてもプレーし、日本代表として1951年アジア競技大会など国際Aマッチ3試合に出場した。名前の読みを「ひろし」とする資料もある[3]

経歴[編集]

1941年3月、東京帝国大学医学部薬学科を卒業[2]

1947年3月、三共(現:第一三共)に入社[2]。1969年12月に同社醗酵研究所の所長に就任[2]

1972年5月より同社取締役[2]、1978年6月より同社常務取締役[2]、1982年6月より同社監査役[2]をそれぞれ歴任した。なお、1990年を以て同社監査役を退任した[2]

サッカー選手として[編集]

東京帝国大学在学中はア式蹴球部に所属し、ハーフバックとしてプレー。

第二次世界大戦後の1949年に東大LB(ア式蹴球部の現役選手、OBで構成されたチーム)の一員として第29回全日本サッカー選手権大会(後の天皇杯全日本サッカー選手権大会)で優勝した。

1951年に33歳で日本代表に選出。同年3月に開催された1951年アジア競技大会で3試合にフル出場。同年末に行われたスウェーデンのヘルシンボリIFとの親善試合にも出場した。

また、1947年から1954年まで東京大学運動会ア式蹴球部の監督を務め、就任2年目の1948年に関東大学サッカーリーグ戦優勝に導いた。

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 3試合 0得点(1951)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1951 3 0 6 0 9 0
通算 3 0 6 0 9 0

指導歴[編集]

  • 1947年-1954年 東京大学運動会ア式蹴球部

出典[編集]

  1. ^ a b 『日本代表公式記録集2008』 日本サッカー協会、2008年、505頁。
  2. ^ a b c d e f g h 三共株式会社 有価証券報告書(1989年3月期)、2014年7月19日閲覧
  3. ^ 『歴代日本代表パーフェクト名鑑 サッカーマガジン別冊夏季号』 ベースボールマガジン社、2007年、18頁。

外部リンク[編集]