加納孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加納 孝 Football pictogram.svg
名前
カタカナ カノウ タカシ
ラテン文字 KANO Takashi
基本情報
生年月日 1920年10月31日[1]
大日本帝国の旗 大日本帝国, 東京都
没年月日 (2000-06-04) 2000年6月4日(満79歳没)
日本の旗 日本, 東京都大田区 
選手情報
ポジション FW
利き足
ユース
1939-1945 早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
早大WMW
東京クラブ
代表歴
1942-1954 日本の旗 日本 7 (3)
監督歴
1947-1950 早稲田大学
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

加納 孝(かのう たかし、1920年10月31日 - 2000年6月4日)は東京都出身のサッカー選手、サッカー指導者。ポジションはFW(左ウイング)。

経歴[編集]

左足のボールテクニックとスピードを生かしたドリブル突破が持ち味のウインガー。戦前、戦後を通じて日本代表として活躍し、インナー(現在の攻撃的MF)の岩谷俊夫とは名コンビとして知られた。

東京府立第八中学校(現:東京都立小山台高等学校)時代の1937年1月に開催された第18回全国中等学校蹴球選手権大会に出場。卒業後は早稲田大学理工学部へ進学しア式蹴球部に所属。早大WMW(現役選手とOBからなる混成チーム)の一員として1940年の全日本蹴球選手権大會 (第20回天皇杯全日本サッカー選手権大会)の準優勝に貢献した。第二次世界大戦には東泉製作所に勤務する傍ら、1947年から1950年まで早稲田大学の監督を務めた。

また1955年に松永碩岩淵功らと共に東京クラブに加入。同年の第1回都市対抗選手権優勝、翌1956年も大会連覇に貢献した。

日本代表としては1942年の8月の東亜競技大会で代表デビューを飾るが、第二次世界大戦の影響により、選手キャリアを中断した。戦後1951年に日本の国際舞台の復帰が認められると代表復帰を果たし、同年にインドで開催された第1回アジア競技大会に出場。その後も1954年の第1回アジア競技大会、1954 FIFAワールドカップ・予選に出場するなど国際Aマッチ7試合出場し3得点を記録した。

2000年6月4日、東京都大田区心不全により死去した[2]

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 7試合 3得点(1951-1954)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1942 0 0 3 0 3 0
1943 0 0 0 0 0 0
1944 0 0 0 0 0 0
1945 0 0 0 0 0 0
1946 0 0 0 0 0 0
1947 0 0 0 0 0 0
1948 0 0 0 0 0 0
1949 0 0 0 0 0 0
1950 0 0 0 0 0 0
1951 3 0 6 0 9 0
1952 0 0 1 1 1 1
1953 0 0 2 0 2 0
1954 4 3 0 0 4 3
通算 7 3 12 1 19 4

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1954年3月14日 日本東京 大韓民国の旗 韓国 2-2 引分 1954 FIFAワールドカップ・予選
2 1954年5月1日 フィリピンマニラ インドネシアの旗 インドネシア 2-3 敗戦 アジア競技大会
3 1954年5月3日 インドの旗 インド 3-5 敗戦

指導歴[編集]

参考文献[編集]

  • 『早稲田大学ア式蹴球部五十年史』(早稲田大学WMWクラブ、1977年)
  • 後藤健生『日本サッカー史 - 資料編』(双葉社、2005年)

脚注[編集]

  1. ^ 『日本代表公式記録集2008』 日本サッカー協会、2008年、530頁。
  2. ^ 「加納孝氏死去」朝日新聞, 2000年6月7日、2016年9月23日閲覧

外部リンク[編集]