曾根博義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

曾根 博義(そね ひろよし、1940年昭和15年)2月3日 - 2016年平成28年)6月19日)は、日本近代文学研究者・文芸評論家。元日本大学教授。専門は日本近代文学で、伊藤整井上靖福永武彦らを研究。日本近代文学館常務理事などを務めた。

静岡県生まれ。1963年(昭和38年)東京大学経済学部卒。二年間サラリーマンをした後、1966年(昭和41年)に『伊藤整の方法』が群像新人文学賞評論部門の優秀作に選ばれる。以後『群像』などに文藝評論を書き、日大芸術学部非常勤講師を経て、1972年(昭和47年)頃、同文理学部専任講師、のち教授。2010年(平成22年)定年退任。『伝記伊藤整』は堅牢な実証的伝記で伊藤整研究の基礎文献である。また「雑誌の発売日」(『國文學』1988年6月)は、近代文学研究者必携の論文である。

2016年6月19日に間質性肺炎のため死去[1]。76歳没。

著書[編集]

  • 『伊藤整』北書房(雪明りの叢書)1975
  • 『伝記伊藤整』六興出版 1977

編著[編集]

参考[編集]

  • 文藝年鑑2007

脚注[編集]

  1. ^ 【訃報】曾根博義氏=元日本大教授 読売新聞 2016年6月21日

外部リンク[編集]