星川ミグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ほしかわ みぐ
星川 ミグ
プロフィール
別名 水沢 友紀
生年月日 1967年7月7日
現年齢 50歳
出身地 福井県
公称サイズ[いつ?]
身長 / 体重 160 cm / kg
スリーサイズ 83 - 59 - 85 cm
活動
AV女優テンプレート | カテゴリ

星川 ミグ (ほしかわ ミグ)は、1980年代に活動した日本AV女優。後年はAV女優らによるアイドルグループ「RaCCo組」に加入、タレント活動も行った。

デビュー時の芸名は水沢 友紀(みずさわ ゆき)。九鬼作品では水澤夕紀の表記も。

生年月日は星川ミグ時代は1967年7月7日としていたが、水沢友紀時代は1967年5月25日オレンジ通信1987年3月号)、1967年6月15日アップル通信1987年6月号)などとしていた。出身地は福井県とするプロフィールが多いが、山形県福島県秋田県とするものもある。

T160/B83/W59/H85(デラべっぴん 1988年3月号)。血液型はB型、A型、AB型とする資料あり。

略歴[編集]

1987年1月、「水沢友紀(水澤夕紀)」の芸名で『ゴックン5秒前』(パピヨン)でAVデビュー。宇宙企画が輩出した「宇宙少女」に通じるイメージを持つ美少女系AV女優だったが、中堅メーカーからのリリースが続き、同年3月をもって引退した(出演作は7月まで発売)。

その後同年7月に「星川ミグ」と芸名を改め、『赫い淫唇』(キャンディ)で再デビュー。以前より垢抜けたイメージとなり、宇宙企画での美少女路線の作品にも出演、人気がブレイクする。英知出版系の雑誌を中心にグラビア展開も行い、4冊の写真集が刊行された。AVでは「水沢友紀」期・「星川ミグ」期を通してソフトな内容の出演作が多い。

1988年10月、斉藤唯葉山みどり冴島奈緒によるAVアイドルグループ「RaCCo組」に冴島奈緒の後任として加入。11PM日本テレビ)でレギュラーを務めたのをはじめ、数多くのテレビラジオ番組に出演した。1989年にはミニアルバム『RaCCo PARTY』、葉山みどりが森村あすかに交代しての2ndシングル『WATASHI半人前』で歌声も披露したが、RaCCo組の解散とともに引退した。

しばしば「星川ミグ」の芸名の由来が話題になるが、命名したのは複数の出演作に脚本家として参加していたAV監督中野貴雄。中野へのインタビューによれば、当時、大韓航空機撃墜事件が長く頭に焼きついていたことから、航空機を撃墜したとされたソ連のミグ23戦闘機(正しくはSu-15)に引っ掛けて「赤星ミグ」という芸名を思いつき、転じて「星川ミグ」にしたという(「AVコレクション」1998年11月号)。なお星川ミグとしての再デビュー作『赫い淫唇』では星川が女スパイ「赤星ミグ」のキャラクターを演じている。

作品[編集]

アダルトビデオ(オリジナル作品)[編集]

水沢友紀(水澤夕紀)名義

  • ゴックン5秒前 (1987年1月25日、パピヨン
  • 本番令嬢 ザ・デビュー Vol.6 (1987年2月10日、アリスJAPAN
  • 聖女淫視 (1987年2月27日、KUKI) 水澤夕紀名義
  • 好きにして (1987年5月15日、Marilline (フェニックス))
  • 昇天 (1987年5月15日、トロイ) 
  • マンポコミック おしゃぶり69 (1987年6月25日、アテナ
  • セーラー服・告白 (1987年7月15日、ファイブスター

星川ミグ名義

  • 赫い淫唇 (1987年7月15日、キャンディ
  • 素肌にくちづけ (1987年8月5日、新東宝
  • アトミックパラダイス (1987年9月15日、キャンディ)
  • 佐瀬珠江のマン祖ボッキリカメラ! Vol.1 たまえ仰天の巻 (1987年9月25日、キャンディ) 主演:佐瀬珠江
  • 過熱 オーバーヒート (1987年10月5日、新東宝)
  • 妖精 (1987年10月25日、スワン
  • 可愛い悪魔 (1987年11月13日、宇宙企画
  • 佐瀬珠江のマン祖ボッキリカメラ! Vol.2 たまえ豹変の巻 (1987年11月24日、キャンディ) 主演:佐瀬珠江
  • さよならは言わないで (1987年12月5日、新東宝)
  • ミグ・ミグ・ワールド (1987年12月20日、ワコー
  • さよなら・愛・ランド (1987年12月21日、Sexy Angel (にっかつビデオフィルムズ))
  • 裏切り・レイプ (1988年1月15日、スワン)
  • アンタッしゃぶる (1988年2月15日、アリスJAPAN) 共演:風間零
  • ミグとシノミの夢・ラビリンス (1988年2月25日、Shocking Pink (にっかつビデオフィルムズ)) 共演:篠宮とも子
  • ファイナル・アゲイン (1988年6月15日、ホルモン
  • THE セーラー服 5 (1988年7月3日、宇宙企画) 他出演:森川夏美、前島かおり、岸本かおる、かとうみゆき他
  • 夢・感傷 (1988年8月23日、宇宙企画)
  • 邪恋 (1988年12月3日、宇宙企画)
  • さよならの前に (1988年?、MACRO (トロイ))
  • 月刊ディザイアークラブ 8月号 (1989年8月15日、BETTY) 他出演:中山静香、今井かんな、仲本絵美子

映画[編集]

星川ミグ名義

  • 星川ミグ 本番・愛撫 (1988年2月6日、配給:新東宝、ビデオ版発売:1988年3月25日)

ビデオ・一般作品[編集]

オムニバス・星川ミグ名義

  • ビデオマガジンベッピン 第5号 (1989年3月13日、英知出版) 他出演:白根衣理、瑞樹さおり、白石さおり他

音楽作品[編集]

ミニアルバム[編集]

RaCCo組名義

シングル/CDシングル[編集]

RaCCo組名義

  • WATASHI半人前 c/w 一秒ごとLoneliness (1989年5月21日、PANAM (日本クラウン))

ミュージックビデオ[編集]

RaCCo組名義

  • Ocean Maids (1989年、日本クラウン)

書籍[編集]

写真集[編集]

  • 星川ミグ (APPLE MATE) (1987年7月15日発行、撮影:平田友二、ビッグ・アップル
  • マドンナメイト写真集 星川ミグ (1987年10月25日発行、撮影:堀善郎、マドンナ社
  • 過熱 (1987年11月10日、撮影:平田友二、辰巳出版
  • 風に微笑み (1988年8月7日、撮影:平田友二、英知出版