日本キリスト教連合会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本キリスト教連合会(にほんキリストきょうれんごうかい)は、日本国政府への対応(日本宗教連盟を経由した所轄庁との連絡協議[1])を行う、日本におけるキリスト教超教派の機関。カトリック中央協議会コプト正教会日本聖公会プロテスタントの諸教派により運営されている。この団体には、キリスト教の教理や伝道を扱う目的はない。

日本宗教連盟を構成する5団体の1つ[2]

2009年11月民主党の幹事長であった小沢一郎による、キリスト教は「排他的で独善的な宗教だ」とする発言に対し、委員長の山北宣久は抗議文を出した[3][4]

加盟団体[編集]

カトリック[編集]

プロテスタント系教団[編集]

プロテスタント系教会[編集]

東方諸教会系教会[編集]

  • 聖母マリア・聖マルココプト正教会

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本基督改革派教会史』日本基督改革派教会歴史資料編纂委員会

外部リンク[編集]