新長谷寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新長谷寺
Shin-Chokokuji 1.JPG
仁王門(関市指定有形文化財)
所在地 岐阜県関市長谷寺町1
位置 北緯35度29分6.34秒 東経136度55分23.92秒 / 北緯35.4850944度 東経136.9233111度 / 35.4850944; 136.9233111座標: 北緯35度29分6.34秒 東経136度55分23.92秒 / 北緯35.4850944度 東経136.9233111度 / 35.4850944; 136.9233111
山号 吉田山
宗派 真言宗智山派
本尊 十一面観世音菩薩
創建年 伝・1222年貞応元年)
開基 伝・護認、後堀河天皇(勅願)
別称 吉田観音、美濃の法隆寺
札所等 美濃四国22番
美濃三十三観音33番
美濃七福神毘沙門天
文化財 三重塔・本堂・木造十一面観音立像ほか(重要文化財)
仁王門(市文化財)
法人番号 8200005007715 ウィキデータを編集
新長谷寺の位置(岐阜県内)
新長谷寺
新長谷寺
新長谷寺 (岐阜県)
テンプレートを表示

新長谷寺(しんちょうこくじ)は、岐阜県関市にある真言宗智山派寺院である。山号は吉田山。

山号より通称「吉田観音(きったかんのん)」という。正式名称より通称で呼ばれることが多い。本尊十一面観世音菩薩三重塔、本堂など、重要文化財が多く、美濃法隆寺の別名がある。

美濃四国第二十二番。美濃三十三観音霊場第三十三番札所。美濃七福神毘沙門天

沿革[編集]

1222年貞応元年)、後堀河天皇の勅命により、空海の四世護認上人の開山という。

1300年正安2年)4月8日火災で焼失、1304年嘉元2年)より4年をかけて再建した。1457年長禄元年)に火災で焼失するが、1460年寛正元年)に本堂が再建される。以後、その他の伽藍も再建される。現在の建物は、室町時代江戸時代初期のものである。

かつては多くの子院が存在したが、1868年明治元年)廃仏毀釈のため、現在の規模に縮小される。

伽藍[編集]

仁王門を入ると正面に本堂、右手に三重塔が建ち、三重塔の左に薬師堂が建つ。仁王門 - 本堂間の参道の左側には、手前から釈迦堂、阿弥陀堂、大師堂が建ち、本堂の右手後方に鎮守堂が建つ。以上の堂宇は、仁王門(江戸時代)を除き、いずれも室町時代の建立で、屋根は檜皮葺きとする。並んで建つ釈迦堂、阿弥陀堂、大師堂の3棟はほとんど同規模、同形式の簡素な仏堂で、阿弥陀堂の屋根を入母屋造、他2棟を寄棟造とする点のみが異なっている。境内の写真撮影は固く禁じられている。

文化財[編集]

重要文化財
  • 本堂 - 方五間、入母屋造、檜皮葺。1460年寛正元年)再建。1909年(明治42年)指定。
  • 三重塔 - 檜皮葺。高さ20.1m。1463年寛正4年)再建。1909年明治42年)指定。
  • 大師堂 - 方三間、寄棟造、檜皮葺。室町時代後期。1953年(昭和28年)指定。
  • 阿弥陀堂 - 方三間、入母屋造、檜皮葺。室町時代後期。1953年(昭和28年)指定。
  • 釈迦堂 - 方三間、寄棟造、檜皮葺。室町時代後期。1953年(昭和28年)指定。
  • 薬師堂 - 正面四間、側面三間、寄棟造、檜皮葺。室町時代後期。1953年(昭和28年)指定。
  • 鎮守堂 - 三間社流造、檜皮葺。室町時代後期。1953年(昭和28年)指定。
  • 客殿 - 寄棟造、銅板葺。江戸時代前期。1953年(昭和28年)指定。
  • 木造十一面観音立像:長谷寺の十一面観音と同じ木で作られたという秘仏。実際の制作は鎌倉時代とみられる。歳3月に開帳 
  • 厨子入木造阿弥陀如来立像:鎌倉時代 秘仏 午歳3月に開帳 
その他の文化財
関市文化財
  • 仁王門(二の門ともいう) - 宝暦3年に徳川家により再建される。昭和37年に参道中央にあったものを現在の位置に移動した。
    正面:金剛力士(仁王)像は運慶作と伝えるが、実際の作者は不明。
    背面:創建当時は狛犬が祀られていた。

行事[編集]

  • 2月3日:星まつり
  • 2月18日:初観音
  • 8月9日:九万九千日供養

所在地[編集]

  • 岐阜県関市長谷寺町1

交通アクセス[編集]