新スエズ運河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新スエズ運河
New Suez Canal.jpeg
左が工事前、右が新水路供用後。
特長
全長 44.73 マイル (71.99 km)
閘門 なし
現状 供用中
運営者 スエズ運河庁英語版
歴史
当初所有者 スエズ運河庁英語版
主要技術者 エジプト軍(監理)
エル・モカウルーン・エル・アラブ英語版
オラスコム建設産業英語版
その他84社[1]
建設開始 2014年8月5日
運用開始 2015年8月6日
完成 2015年7月23日
地理
主流 スエズ運河

新スエズ運河(しんスエズうんが、アラビア語: قناة السويس الجديدة‎、Qanāt al-Suways al-Jadīdah)は、地中海紅海を結ぶ既存のスエズ運河を拡張する水路である。運河をくぐる6本の新しいトンネルの建設と[2]、両岸の76,000平方キロメートルの土地を国際物流・商業・工業拠点とする計画と同時に打ち出された、当局が100万人の雇用を生み出すと見込んだ計画である[3][4]

概要[編集]

プロジェクトには、既存の全長164キロメートルの運河に並行する新しい35キロメートルの運河と、既存の運河のうち37キロメートルに渡る区間の掘削と拡張が含まれる[5][6]

運河の拡張により、運河の大半の区間で船が同時に双方向に航行することができるようになる。これにより多くの船の待ち時間が11時間から3時間に減り[7][5]、地中海から紅海への通過時間は、現在の18時間から11時間に減少する[8]。1日に運河を通航できる船の数が49隻から97隻に増加すると見込まれている。新運河の建設は、当初は5年かかると予定されていた。後にまず工期は3年に短縮され、最終的にアブドルファッターフ・アッ=シーシー大統領が1年で完成させるように命じることになった。

既存の運河から浸み出してくる水によって新運河に水が溢れてしまうといった技術上の問題が当初は発生していた[9]。それでも新スエズ運河の工事は2015年7月に完成した[10][11]。新運河は、2015年8月6日に外国からの指導者たちを招き軍用機が上空を飛行する式典が行われて、プロジェクトに予定されていた予算通りに公式に完成した[12][13]。開通日はエジプトで休日と宣言され、ムハンマドハンダクの戦いに際してマディーナを防衛するために塹壕を掘ったことにプロジェクトを例えるようにモスクに対して指示された[14]

自動車と鉄道用の6本の新しいトンネルがシナイ半島とエジプト本土の連絡を改善するために計画されている[15]。2015年時点ではスエズとシナイ半島を結ぶアハメド・ハムディ・トンネルのみが運河の下を通っている。

位置 座標
北端 北緯30度43分06秒 東経32度20分46秒 / 北緯30.718282度 東経32.345982度 / 30.718282; 32.345982 (北端)
南端 北緯30度26分29秒 東経32度21分20秒 / 北緯30.441385度 東経32.355423度 / 30.441385; 32.355423 (南端)

利点とリスク[編集]

スエズ運河庁英語版の長官で海軍中将モハブ・マミシュ英語版は、スエズ運河の通航料収入は年間50億ドルから125億ドルに跳ね上がるだろうと述べている。しかし、エジプトの通商専門家であるオマル・エルシェネティによれば、運河開通の最初の年に通航量が倍になるという公式の推計はいくらか誇張されたものであるとしている[9]。高い通航量見積もりには、世界的な貿易の不振や通航料の値上げによって影響されうる[16]

学術誌「バイオロジカル・インベージョンズ」に2014年に投稿した18人の科学者は、地中海生物多様性生態系サービスへ影響を与えるこのプロジェクトに懸念を表明している。科学者たちはエジプト政府に対して、運河の拡張が引き起こしうる環境への影響を評価するように求めており、生物の多様性に関する条約の事務局長もこれに賛同した[17]。従来のスエズ運河が19世紀半ばに開通して以来、1,000種を超える侵略的外来生物が地中海に侵入しており[18]欧州委員会合同調査センター英語版によれば、人間の活動が地中海の生物多様性の減少の主たる原因となっている、としている[19]

費用と資金調達[編集]

運河の拡張と各トンネルの建設には、600億エジプト・ポンド(84億米ドル)ほどの費用が掛かると見積もられている[20]。このうち半分は新運河の掘削で、残りは6本のトンネルである。アッ=シーシー大統領は外国の投資家の出資を認めず、代わりにエジプト人がこのプロジェクトに出資するように促した。当初は、プロジェクトの一部を民間所有にすることを認めて、株式市場で株式公開することでプロジェクトの資金調達を図ることになっていた。しかしエジプト政府は資金調達方針をすぐに変更し、出資者に対していかなる所有権も認めない、利子つきの投資証券によることにした[16]。エジプト国民は10エジプト・ポンド、100エジプト・ポンドあるいは1,000エジプト・ポンドの証券を買うように求められた。最小金額の証券は、学生にもプロジェクトに出資できるようにするためのものであった。アッ=シーシー大統領が9月1日に署名した法律によれば、ミスル銀行英語版エジプト国民銀行英語版カイロ銀行英語版、スエズ運河銀行が、スエズ運河庁の発行する5年譲渡不可証券を、エジプトの銀行が発行する類似証券に比べて1.5ポイントほど高い12パーセントの利率で販売する。販売収入の大半を占める1,000エジプト・ポンド証券に対する利子は、四半期ごとに支払われる。より少額の証券に対する利子は5年後に支払われる。出資者は、証券を買うのに必要な金額の90パーセントまで銀行から借り入れをすることが許され、これは全体の6パーセントほどにあたる40億エジプト・ポンドにまで達した。全証券の82パーセントが個人に販売された。証券からの利子は非課税とされた[15][21][22][23]。ヒシャム・ラメズエジプト中央銀行総裁が驚いたことに、投資証券はわずか8営業日で売り切れ、中央銀行はそれ以降の新証券の発行を停止した[24]。財務省が証券を保証しており、中央銀行に四半期ごとに支払う利子のための19億エジプト・ポンドの資金を特別口座に別に管理したため、政府の歳入を他に使う余地が少なくなった[25][26][27]

アッ=シーシー大統領がこのプロジェクトを発表した後、エジプトの株式市場は一時的に過去6年で最高値に上昇したが、9月になると急激に下落した。

関与した企業[編集]

2014年8月19日に、エジプト軍の監督下に運河の建設作業に当たる42社が選定された[28]。2014年10月にエジプト政府は6社の国際浚渫企業と契約を結んだ。アラブ首長国連邦の国立海洋浚渫会社、オランダロイヤル・ボスカリス・ウエストミンスターファン・オールト英語版ベルギーヤン・デ・ヌル英語版DEME英語版、そしてアメリカ合衆国グレート・レイクス・ドレッジ・アンド・ドック英語版である。これらの企業は5つの工区で工事を行い、6番目の工区はエジプト陸軍の工兵隊が工事を行った[29]

2014年10月に、2本の道路トンネルと2本の鉄道トンネルを建設するために、国有のエル・モカウルーン・エル・アラブ英語版と民間のオラスコム建設産業英語版が選択された。2014年11月にエジプト軍は、この契約に加えて、ドイツのヘレンクネヒト英語版がトンネル掘削機器の納入業者として選定されたと発表した[30]

競争入札を経て、2014年8月19日にスエズ運河地区投資機会の検討のマスタープランの契約が、エジプト軍工兵隊の協力を得るダル・アル・ハンダサ英語版に対して与えられた[31]。この作業は6か月かかると見込まれており、結果として2015年3月の投資者向け会議につながった。これに加えて、国際復興開発銀行(世界銀行)により、マスタープランの評価のためにフランスの技術企業エジス英語版が推薦された[15][32]

アッ=シーシー大統領はロシア訪問中に、新プロジェクトの一環としてロシア工業ゾーンを設立することについて、ロシアのウラジーミル・プーチンと合意したと語っている[33]

中国ホスニ・ムバラク政権やムハンマド・ムルシー政権の時代からスエズ経済貿易協力区建設などに関わっており[34]一帯一路政策から同プロジェクトで最も古くて最大の投資国となってる[35]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Atef, Ghada. “The Story of the New Suez Canal”. オリジナル2015年8月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150807201843/http://newcanal.suezcanal.gov.eg/ 
  2. ^ “Six tunnels under Suez Canal”. Tunnelbuilder. (2014年12月1日). http://tunnelbuilder.com/News/Six-tunnels-under-Suez-Canal-.aspx 2015年8月6日閲覧。 
  3. ^ “REFILE-Egypt awards Suez hub project to consortium that includes army -sources”. Reuters. (2014年8月3日). http://af.reuters.com/article/commoditiesNews/idAFL6N0Q90FA20140803 2015年8月6日閲覧。 
  4. ^ “New Suez Canal: From troubled to smooth waters”. BBC News. (2015年8月3日). http://www.bbc.co.uk/monitoring/second-suez-canal-from-troubled-to-smooth-waters 2015年8月6日閲覧。 
  5. ^ a b “New Suez Canal project proposed by Egypt to boost trade”. Cairo News.Net. (2014年8月5日). http://www.caironews.net/index.php/sid/224460353 2014年8月7日閲覧。 
  6. ^ “Egypt Plans To Dig New Suez Canal In Effort To Boost Trade”. Huffington Post. (2014年8月5日). http://www.huffingtonpost.com/2014/08/05/new-suez-canal_n_5650038.html 2014年8月13日閲覧。 
  7. ^ Samuel Oakford (2014年10月8日). “Egypt's Expansion of the Suez Canal Could Ruin the Mediterranean Sea”. Vice News. https://news.vice.com/article/egypts-expansion-of-the-suez-canal-could-ruin-the-mediterranean-sea 2014年12月11日閲覧。 
  8. ^ スエズ運河 拡張工事が完了 通過時間短縮へ Archived 2015年8月6日, at Archive.isNHK2015年8月7日
  9. ^ a b “Sisi Is Trying To Build A New Suez Canal But It’s Not Exactly Going According To Plan”. BuzzFeed. (2014年9月3日). http://www.buzzfeed.com/magedatef/sisi-is-trying-to-build-a-new-suez-canal-but-its-not-exactly#.gtWQ1r75d 2015年8月6日閲覧。 
  10. ^ Egypt Says Work Finished on New Suez Canal”. Voice of America (2015年7月29日). 2015年8月1日閲覧。
  11. ^ Egypt's New Suez Canal to Be Completed for Aug. 6 Ceremony”. New York Times (2015年6月30日). 2015年8月1日閲覧。
  12. ^ “Egypt launches Suez Canal expansion”. BBC News. (2015年8月6日). http://www.bbc.com/news/world-middle-east-33800076 2015年8月6日閲覧。 
  13. ^ Tadros, Sherine (2015年8月6日). “Egypt Opens New £6bn Suez Canal”. Sky News. http://news.sky.com/story/1531052/egypt-opens-new-6bn-suez-canal 2015年8月6日閲覧。 
  14. ^ “Egypt: A bigger, better Suez Canal”. The Economist. http://www.economist.com/news/middle-east-and-africa/21660555-it-necessary-bigger-better-suez-canal 2015年8月8日閲覧。 
  15. ^ a b c Digging for victory: Citizens raise around $9bn for Suez project in eight working days”. Oxford Business Group. 2015年2月1日閲覧。
  16. ^ a b Crowdfunding the canal?”. Mada Masr (2014年8月31日). 2015年1月31日閲覧。
  17. ^ Kingsley, Patrick (2014年11月30日). “Suez canal scheme ‘threatens ecosystem and human activity in Mediterranean’”. The Guardian. http://www.theguardian.com/world/2014/nov/30/suez-canal-scheme-threatens-mediterranean-ecosystem-economic-activity 2015年8月6日閲覧。 
  18. ^ “Invading the Mediterranean Sea: biodiversity patterns shaped by human activities”. Frontiers in Marine Science. (2014年9月30日). http://journal.frontiersin.org/article/10.3389/fmars.2014.00032/abstract 2015年8月7日閲覧。 
  19. ^ “Invading the Mediterranean Sea: human activities shape biodiversity patterns”. Joint Research Centre. (2014年10月1日). https://ec.europa.eu/jrc/en/news/invading-mediterranean-sea-human-activities-shape-biodiversity-patterns 2015年8月6日閲覧。 
  20. ^ “Egypt Plans to Build Channel Parallel to Suez Canal”. Business Week (Bloomberg). (2014-08-05). http://www.businessweek.com/news/2014-08-05/egypt-plans-to-build-8-dot-2-billion-channel-parallel-to-suez-canal 2014年8月13日閲覧。. 
  21. ^ “Al-Sisi kicks off new Suez Canal project, lays down tightened completion deadline”. Daily News Egypt. (2014年8月5日). http://www.dailynewsegypt.com/2014/08/05/al-sisi-kicks-new-suez-canal-project-lays-tightened-completion-deadline/ 2014年8月13日閲覧。 
  22. ^ “Egypt's new Suez Canal waterway to be funded by investment certificates: PM”. Al-Ahram. (2014年8月15日). http://english.ahram.org.eg/NewsContent/3/12/108511/Business/Economy/Egypts-new-Suez-Canal-waterway-to-be-funded-by-inv.aspx 2014年8月16日閲覧。 
  23. ^ “Egypt: Cabinet - Suez Canal Investment Certificates to Be Issued By Three Banks”. allAfrica. (2014年8月15日). http://allafrica.com/stories/201408151362.html 2014年8月16日閲覧。 
  24. ^ Suez Canal certificates sold out: CBE”. Daily News Egypt (2014年9月16日). 2015年1月31日閲覧。
  25. ^ Government to allocate budget revenues in CBE to Suez Canal investment certificates”. Daily News Egypt (2014年9月13日). 2015年1月31日閲覧。
  26. ^ First Suez Canal investment certificate yields out Sunday”. Al Ahram (2014年9月6日). 2015年1月31日閲覧。
  27. ^ Suez Canal investment certificates mostly purchased by individuals: Central Bank governor”. Aswat Masriya (2014年9月21日). 2015年1月31日閲覧。
  28. ^ Qalaa Holdings’ Mining Unit Selected to Take Part in Initial Phase of New Suez Canal”. Qalaa Holding (2014年8月19日). 2015年2月1日閲覧。
  29. ^ Egypt signs with six international firms to dredge new Suez Canal”. Reuters (2014年10月18日). 2015年2月1日閲覧。
  30. ^ Egypt hires German firm to bore transport tunnels under Suez Canal”. Reuters (2014年11月21日). 2015年2月1日閲覧。
  31. ^ Egypt awards Suez hub project to consortium of army, Gulf engineering firm”. Reuters (2014年8月19日). 2015年2月1日閲覧。
  32. ^ “New Suez Canal project is to be completed by Dar Al-Handasah”. http://www.dailynewsegypt.com/2014/08/19/dar-al-handasah-wins-suez-canal-project-bid-8-months-needed-finish-master-plan/ 
  33. ^ Aggour, Sara (2014年8月13日). “Egypt and Russia to establish industrial zone in Suez Canal”. Daily News Egypt. http://www.dailynewsegypt.com/2014/08/13/egypt-russia-establish-industrial-zone-suez-canal/ 2014年8月16日閲覧。 
  34. ^ “Shining Pearl of China-Egypt Cooperation--泰达合作区”. TEDA SUEZ. (2017年5月15日). http://www.setc-zone.com/system/2017/05/15/011261382.shtml 2017年6月21日閲覧。 
  35. ^ [httphttp://news.xinhuanet.com/english/2017-03/16/c_136134254.htm “Interview: China largest investor in Egypt's Suez Canal region with earnest, win-win partnership: official”]. 新華社. (2017年3月16日). httphttp://news.xinhuanet.com/english/2017-03/16/c_136134254.htm 2017年6月21日閲覧。 

外部リンク[編集]