斎藤五百枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さいとう いおえ
斎藤 五百枝
生年月日 (1881-12-21) 1881年12月21日
没年月日 (1966-11-06) 1966年11月6日(満84歳没)
出生地 日本の旗 日本 千葉県長柄郡一宮本郷村
長生郡一宮町
職業 美術デザイナー背景画家
挿絵画家
ジャンル 映画出版
活動期間 1908年 - 1966年
活動内容 1908年 吉沢商店入社
1913年 日活向島撮影所に異動
1914年 『少年倶楽部』創刊に参加

斎藤 五百枝(さいとう いおえ、1881年12月21日 - 1966年11月6日[1])は、日本の映画美術美術デザイナー背景画家、出版における挿絵画家である[1]日本映画の黎明期に、吉沢商店日活向島撮影所国際活映角筈撮影所で、クレジットされることもなくセットの背景を描いた人物であり、後に『少年倶楽部』の表紙画で人気を博した[1]

人物・来歴[編集]

1881年(明治14年)12月21日[1]千葉県長柄郡一宮本郷村(現在の長生郡一宮町)に、旧一宮藩加納氏)家老堀内家の三男、俊郎の第七子として産まれる。のち、父の俊郎が旧大和田原本藩平野氏)家老斎藤家の養子となったため、斎藤姓となる[2]

一宮尋常高等小学校(現在の一宮町立一宮小学校)、私立京華中学校を卒業。白馬会洋画研究所で洋画を学ぶ。1904年(明治37年)東京美術学校(現在の東京芸術大学)西洋画撰科に入学[2]岡田三郎助に師事した[1]。父に画家になることを反対されたため勘当同然となり、『中学世界』『ハガキ文学』などの挿絵の仕事をするようになる。1908年(明治41年)東京美術学校を卒業、同年結婚[2]

1908年、東京・京橋区(現在の中央区)に本社をもつ吉沢商店が、東京府荏原郡目黒村大字下目黒の行人坂(現在の目黒区下目黒)に、日本初の撮影所を開設、これに入社し、セットの窓外や、ロケーション撮影が行わなかった場合の代替の海岸の風景等、背景画を描いた[3]。1909年(明治42年)、同撮影所に考案部(現在の企画部・かつての文芸部に当たる)が設置され、同部長に小説家の佐藤紅緑が就任する[4]。1912年(大正元年)10月1日、同社が他の3社と合併して日活を設立後も、同撮影所で背景を描いた。1913年(大正2年)10月、日活が向島撮影所を開設、目黒の撮影所は閉鎖され、考案部の小口忠桝本清、技手(現在の撮影技師編集技師・現像技師)の千葉吉蔵らとともに、同撮影所に異動した[5]。当時は、監督や撮影技師すらクレジットされないのが通常で、斎藤がいずれの作品の美術を担当したかは定かではない[6]

1914年(大正3年)11月、大日本雄辯會講談社(現在の講談社)が、『少年倶楽部』を創刊、創刊号からの表紙絵を描く[1]。同誌に掲載された小説の挿絵としては、大倉桃郎の『暁の歌』、佐藤紅緑の『あゝ玉杯に花うけて』、山手樹一郎の『錦の旗風』等が知られる。

1921年(大正10年)には、国際活映角筈撮影所で美術デザイナーとなり、小島孤舟新派戯曲湖畔の家』を、吉沢商店以来の同僚である桝本清が脚色、畑中蓼坡が監督した『寒椿』に参加、「舞台意匠」としてクレジットされた[7]

その後も、吉沢商店以来の縁である佐藤紅緑、あるいは大佛次郎らの小説に挿絵を描いた[1]。1941年(昭和16年)、「第1回野間挿絵奨励賞」を受賞した[1]

1966年(昭和41年)11月6日、死去した[1]。満84歳没。

おもなフィルモグラフィ[編集]

吉沢商店、日活向島撮影所在籍時の作品名は不詳である。

ビブリオグラフィ[編集]

国立国会図書館蔵書[8]

  • 『暁の歌』、大倉桃郎講談社、1927年
  • 『紅顔美談』、佐藤紅緑、大日本雄辯會講談社、1929年3月 - 37版:19310
  • 『一直線』、佐藤紅緑、講談社、1931年
  • 『出世美談寶玉集』、池田宣政、大日本雄辯會講談社、1936年1月
  • 『桃太郎』、松村武雄、大日本雄辯會講談社、1937年1月 - 講談社の繪本 5
  • 『街の太陽』、佐藤紅緑、講談社、1939年
  • 『母恋鳥』、吉川英治興亜書房、1939年
  • 『新田義貞』、池田宣政、偕成社、1943年
  • 『楠木正成 上』、大仏次郎、講談社、1943年
  • 『海の男』、大仏次郎、尚文館、1947年
  • 『怪童鴉丸』、土師清二光文社、1948年
  • 『白刃乱舞』、土師清二、内田書店、1948年
  • 『宮本武蔵』、伊賀竜之助一星社、1948年
  • 『輝く熱球』、五十公野清一まひる書房、1948年
  • 『あ々玉杯に花うけて』、佐藤紅緑、尚文館、1948年
  • 『竜虎八天狗 上』、吉川英治、ポプラ社、1948年
  • 『街の太陽』、佐藤紅緑、ポプラ社、1948年
  • 『風雲白馬岳』、子母沢寛妙義出版社、1948年
  • 『風雲ヒトデ城』、土師清二、内田書店、1949年
  • 『山を守る兄弟』、大仏次郎、湘南書房、1949年 - 新日本少年少女選書
  • 『竜虎八天狗 中』、吉川英治、ポプラ社、1949年
  • 『竜虎八天狗 下』、吉川英治、ポプラ社、1949年
  • 『水の王者』、富田邦彦、妙義出版、1949年
  • 『熱球は飛ぶ』、富田邦彦、妙義出版社、1949年
  • 『桃太郎』、松村武雄、講談社、1950年、 - 講談社の絵本 25
  • 『宮本武蔵』、大屋典一あかね書房、1951年、 - 少年文庫 5
  • 『水滸伝』、施耐庵主婦之友社、1951年、 - 少年少女名作家庭文庫 9
  • 『日本昔話集 1』、講談社、1953年、 - 講談社の絵本特製版 3
  • 『海彦山彦』、藤沢衛彦、講談社、1954年、 - 講談社の絵本 117
  • 『虹を射る少年・この星万里を照らす・愛の新珠』、富田常雄河出書房、1954年、 - 日本少年少女名作全集 7
  • 『海彦山彦』、藤沢衛彦、講談社、1956年8月、 - 講談社の絵本 577
  • 『大仏次郎少年少女のための作品集 2』、講談社、1967年
  • 『大仏次郎少年少女のための作品集 3』、講談社、1970年
  • 『講談社の絵本 1』、講談社、1970年
  • 『ももたろう』、ラルフ・F・マッカーシー講談社インターナショナル、1996年9月 - 講談社バイリンガル絵本
  • 『桃太郎』、千葉幹夫、講談社、2001年5月 - 新・講談社の絵本 3

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 斎藤五百枝、『講談社 日本人名大辞典』、講談社コトバンク、2009年12月24日閲覧。
  2. ^ a b c 上総一宮郷土史研究会記念誌編集委員会編 『ふるさと今昔』 上総一宮郷土史研究会、2004年10月、209-210頁。 
  3. ^ 『日本映画史発掘』、田中純一郎冬樹社、1980年、p.128-132.
  4. ^ 『日本映画発達史 1 活動写真時代』、田中純一郎、中央公論社、1968年、p.140-142。
  5. ^ 『日本映画発達史 1 活動写真時代』、p.201-204。
  6. ^ 『日本映画発達史 1 活動写真時代』、p.274-279.
  7. ^ 寒椿日本映画データベース、2009年12月24日閲覧。
  8. ^ OPAC NDL - 検索結果、国立国会図書館、2009年12月24日閲覧。

外部リンク[編集]