文体練習

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
文体練習
著者 レーモン・クノー
原題 Exercices de style
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
ジャンル 小説
出版日 1947年

文体練習』(ぶんたいれんしゅう、フランス語: Exercices de style)は、フランス小説家レーモン・クノーの作品である。「バスに乗っているとき、首が長く奇妙な帽子をかぶった男ともう一人の乗客との口論を目撃する。2時間後に、同じ人物がサン・ラザール駅前で友人から『オーバーコートにもう一つボタンをつけるべきだ』と助言されているのを見かける。」という1つのストーリーを99通りの異なる文体で描いている。デジデリウス・エラスムスによる1512年修辞学の手引き『De Utraque Verborum ac Rerum Copia』の、有名な33章[1]を思わせる作品である。

翻訳[編集]

この本は、以下の言語に翻訳されている。

言語 訳者 訳された年
英語 バーバラ・ライト英語版 1958年
オランダ語 ルディ・カウスブルック英語版オランダ語版 1978年
イタリア語 ウンベルト・エーコ[2] 1983年
ギリシャ語 アキレス・キリアキデス 1984年
チェコ語 パトリク・オウジェドニーク 1985年
セルビア語 ダニロ・キシュ 1986年
エスペラント イシュトバーン・エルトルエスペラント語版 1986年
スウェーデン語 ラース・ハグストロームスウェーデン語版 1987年
ハンガリー語 ボグナー・ロベルトハンガリー語版 1988年
カタルーニャ語 アニー・バッツ
ラモン・リャド
1989年
ドイツ語 ルートヴィヒ・ハーリッヒドイツ語版
オイゲン・ヘルムレドイツ語版
1990年
ブルガリア語 ヴァシル・ソティロフブルガリア語版
エレーナ・トマレフスカ
1990年
フィンランド語 Pentti Salmenranta 1991年
スペイン語 アントニオ・フェルナンデス・フェレール 1993年
デンマーク語 オットー・ジュル・ペデルセン 1994年
スロベニア語 アレシュ・ベルガー英語版スロベニア語版 1994年
ガリシア語 Henrique Harguindey Banetガリシア語版
ショセ・マヌエル・パソスガリシア語版
1995年
ブラジルポルトガル語 1995年
ノルウェー語 ラグナル・ホブランド英語版ノルウェー語版 1996年
日本語 朝比奈弘治 ISBN 4255960291 1996年
ロシア語 V.A.ペトロフ 1998年
ポーランド語 ヤン・ゴンドヴィッチポーランド語版 2000年
ポルトガル語 H.A.メデイロス 他 2000年
チューリッヒドイツ語英語版 フェリックス・E・ウィス 2000年
トルコ語 アーマガン・エキジトルコ語版 2003年
マケドニア語 エリザベタ・トルプコフスカ 2005年
バスク語 シャビエル・オララバスク語版 2006年
ルーマニア語 カリン・ヴラシエルーマニア語版 2006年
ウクライナ語 ヤロスラフ・コヴァリウクライナ語版
ユーリー・リセンコウクライナ語版
2006年
エストニア語 トリーヌ・タムエストニア語版
ヤナ・ポリラ
2007年
パシュトー語 ヴィクター・モンチェゴ, Jr 2009年

原文の99種の文体の中には、フランス語による微妙なニュアンスが使われていて、他の言語での再現が不可能なものも存在する。そのような場合、翻訳者が独自に書き換えていることがある。そのため、これらは「翻訳」ではなく「翻案」であるとも言える。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「あなたの手紙は、私を大いに喜ばせた。」という文を、195通りに変化させて書いてある。
  2. ^ Peter E. Bondanella, Andrea Ciccarelli The Cambridge companion to the Italian novel p.169