ダニロ・キシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダニロ・キシュ
Danilo Kiš
誕生 (1935-02-22) 1935年2月22日
ユーゴスラビア王国スボティツァ
死没 (1989-10-15) 1989年10月15日(満54歳没)
フランスパリ
職業 小説家
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ダニロ・キシュDanilo Kiš1935年2月22日1989年10月15日 )は、ユーゴスラビア人小説家詩人である。

1935年、ユーゴスラビア王国のセルビア北部スボティツァ生まれ。戦争中は父の故郷のハンガリーで暮らすも、ユダヤ系であった父はアウシュビッツ収容所に送られ、消息を絶つ。

第二次世界大戦後、母の故郷であるモンテネグロツェティニェに移住し、セルビアのベオグラード大学で文学を学ぶ。1962年から執筆を開始し、自伝的三部作『庭、灰』『若き日の哀しみ』『砂時計』で作家としての地位を確立した。1979年にフランスに亡命し、フランス各地の大学でセルビア・クロアチア語の講師をしながら小説の執筆を続けた。

1989年パリで死去。遺言によりセルビア正教に則ってベオグラードで埋葬された。

主な作品[編集]

小説[編集]

  • Mansarda: satirična poema("The Garret"), 1962
  • Psalam 44, 1962
  • Bašta, pepeo("Garden, Ashes'"),(『庭、灰』) 1965
  • Rani jadi: za decu i osetljive("Early Sorrows")(『若き日の哀しみ』), 1970 (短編)
  • Peščanik ("Hourglass"),(『砂時計』) 1972
  • Grobnica za Borisa Davidoviča: sedam poglavlja jedne zajedničke povesti("en:A Tomb for Boris Davidovich"), 1976 (短編)
  • Čas anatomije, 1978
  • Enciklopedija mrtvih("The Encyclopedia of the Dead")(『死者の百科事典』), 1983 (短編)
  • Lauta i ožiljci, 1994 (短編)

[編集]

  • Pesme i prepevi, 1992
  • Pesme, Elektra, 1995

エッセイ[編集]

  • Po-etika, 1972
  • Homo poeticus, 1983
  • Život, literatura, 1990
  • Varia, 1995

ドラマ[編集]

  • Noć i magla, 1983

日本語訳された作品[編集]

  • 『若き日の哀しみ』海外文学セレクション、山崎佳代子訳、東京創元社、1995年
  • 『死者の百科事典』海外文学セレクション、山崎佳代子訳、東京創元社、1999年
  • 『砂時計 東欧の想像力』奥彩子訳、松籟社、2007年
  • 『庭、灰』山崎佳代子訳、河出書房新社、2009年(世界文学全集のうち、カルヴィーノと合本)

参考文献[編集]