揚輝荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伴華楼(2013年7月)

揚輝荘(ようきそう)は、愛知県名古屋市千種区法王町にある庭園

沿革[編集]

元々は松坂屋の前身でもある「株式会社いとう呉服店」の初代社長・伊藤次郎左衞門祐民の別荘として、覚王山日暹寺(現在の覚王山日泰寺)に隣接する約1万坪(35,000平方メートル)の森を拓いて築かれた。1918年大正7年)に最初の建物が移築され、修学院離宮を参考にした池泉回遊式庭園が造られるなどして、最終的に完成した昭和12-14年頃には移築・新築された30数棟があったという。大正から昭和初期にかけては皇族華族、政治家や著名人の他に、外国人も多数訪れ、国内からの寄宿生に加えて、1935年(昭和10年)からは矢田部保吉タイ特命全権公使の要望を受け、タイ人の留学生の受け入れも行っていた[1]

1945年(昭和20年)3月24日に空襲を受けて建造物の多くが焼失。また戦中は日本軍に、戦後は米軍に接収され、その後は松坂屋独身寮として使用された。敷地の多くが開発されて庭園も南北に分断されたが、数棟の貴重な建物と庭園が残されている。2003年平成15年)から特定非営利活動法人揚輝荘の会が管理を行っており、2006年(平成18年)度末には土地建物が名古屋市に寄贈、2008年(平成20年)5月に市の有形文化財に指定された。

現存する建造物[編集]

北庭[編集]

白雲橋(2014年12月)
  • 三賞亭(市指定有形文化財)[2]
    1918年(大正7年)、茶屋町本家から移築された揚輝荘で最初の建物。煎茶茶室
  • 伴華楼(市指定有形文化財)[2]
    尾張徳川家から譲り受けた茶室付き和室だが、移築にあたって鈴木禎次の設計による地階と1階洋室が増築された。なお「伴華楼」はバンガローのもじりである。
  • 白雲橋(市指定有形文化財)[2]
    修学院離宮にある千歳橋を模している。
  • 豊彦稲荷
    昭和初期に松坂屋京都店から勧請された稲荷神で、かつての仙洞御所に置かれた御所稲荷(豊春稲荷)を本社とする。
  • 野外ステージ
    石張りの半円型客席が設置された円形ステージ。

南庭[編集]

聴松閣(2014年12月)
  • 聴松閣(市指定有形文化財)[2]
    ハーフティンバー様式の山荘風に造られた地上3階・地下1階の建物。
  • 揚輝荘座敷(市指定有形文化財)[2]
    現在の松坂屋本館の地にあった屋敷を移築したもの。移築前には一時期、川上貞奴が住んでいた。

かつてあった建物(一部)[編集]

  • 有芳亭 - 尾張徳川邸から移築した迎賓館。
  • 栗廼屋 - 岐阜県細野から移築した約500年前の古民家。
  • 不老庵 - 享保年間(1716-36年)に造られた茶室。
  • 端の寮 - 徳川家から移築。大石内蔵助にゆかりの建物。
  • 四阿 - 八丈島より移築された穀倉。
  • 暮雪庵 - 本家から移築。2003年に土岐市の織部の里公園に再移築された。

揚輝荘トンネル[編集]

聴松閣とかつての有芳亭、更に現在の姫池通に面した位置に建っていた愛知舎の付近を結んだ総延長170メートルのトンネルが見つかっている。内部にはインド・イスラム様式のレリーフや壁画が残されているが、何の為に造られたかは解っていない。2007年の春から初夏にかけての一時期には、姫池通沿いの工事現場に露出したトンネルの様子を見る事が出来た。

所在地[編集]

  • 北園 - 愛知県名古屋市千種区法王町2丁目5番地21[3]
  • 南園 - 愛知県名古屋市千種区法王町2丁目5番地17[3]

アクセス[編集]

施設利用[編集]

  • 開園時間
    午前9時30分~午後4時30分[3]
  • 休園日
    月曜日(月曜日が祝祭日または振替休日の場合はその翌日)・年末年始[3]
  • 入場料
    南園(聴松閣):一般300円・中学生以下無料[3]
    北園:無料(ただし、ガイド付き建物見学(毎週水曜日、土曜日に実施)には事前申し込みが必要)[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「企画展示 「伊藤祐民・タイ留学生育成80年の歩み」」揚輝荘
  2. ^ a b c d e 揚輝荘”. 名古屋市 (2010年8月30日). 2013年5月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 利用・交通案内” (日本語). 揚輝荘の会. 2016年2月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度10分14.01秒 東経136度57分21.26秒