悪人と美女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
悪人と美女
The Bad and the Beautiful
監督 ヴィンセント・ミネリ
脚本 チャールズ・シュニー
原案 ジョージ・ブラッドショー
製作 ジョン・ハウスマン
出演者 ラナ・ターナー
カーク・ダグラス
ウォルター・ピジョン
ディック・パウエル
音楽 デイヴィッド・ラクシン
撮影 ロバート・サーティース
編集 コンラッド・A・ネルヴィッヒ
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)
配給 MGM
公開 アメリカ合衆国の旗 1952年12月25日
日本の旗 1953年6月16日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約1,558,000ドル[1]
配給収入 2,367,000ドル(北米)
1,006,000 ドル(海外)[1]
テンプレートを表示

悪人と美女』(あくにんとびじょ、英語: The Bad and the Beautiful)は、1952年に製作・公開されたアメリカ映画である。

概要[編集]

MGMで華やかなミュージカル映画作品を多く監督していたヴィンセント・ミネリが手がけたハリウッド内幕物映画。カーク・ダグラス扮する野心家の辣腕プロデューサーを軸に、彼のエゴイズムによって公私にわたり翻弄されて痛手を受け、苦汁を呑まねばならなかった3人の映画人――映画監督(バリー・サリヴァン)、女優(ラナ・ターナー)、シナリオライター(ディック・パウエル)――それぞれの回想を交えて描いた作品である。

この時代に幾つかつくられたハリウッド内幕物作品でも、ビリー・ワイルダー監督の『サンセット大通り』、ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ監督の『イヴの総て』(いずれも1950年製作)と並ぶ著名な傑作で、1952年度アカデミー賞ではグロリア・グレアムの助演女優賞のほか、脚本、撮影なども評価され、合計5部門で受賞した。デイヴィッド・ラクシン作曲の流麗なメインテーマ曲は "Love Is For The Very Young" の題名を与えられ、スタンダードナンバーとなっている。

2002年アメリカ国立フィルム登録簿に登録されている。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
東京12ch 劇場公開版
ジョージア・ロリソン ラナ・ターナー 瀬能礼子 坂本和子
ジョナサン・シールズ カーク・ダグラス 羽佐間道夫
ハリー・ペベル ウォルター・ピジョン 早野寿郎
ジェームズ・リー・バートロウ ディック・パウエル 川久保潔 小山源喜
フレッド・アミエル バリー・サリヴァン 宮川洋一 巖金四郎
ローズマリー(ジェームズの妻) グロリア・グレアム
ヴィクター・リベラ ギルバート・ローランド
  • 東京12ch版:初回放送1971年3月4日『木曜洋画劇場
  • 劇場公開版:1953年公開。洋画で初めて日本語吹替版が制作された。当時、配給元のMGMが海外上映の際、吹替を制作する方針だったため、本編中三ヵ所、約二十分ほどが日本語吹替で上映された(他は字幕)。

スタッフ[編集]

映画賞受賞・ノミネーション[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b The Eddie Mannix Ledger, Los Angeles: Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study .

外部リンク[編集]