いそしぎ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いそしぎ
The Sandpiper
Taylor-Burton-Sandpiper.jpg
エリザベス・テイラー(左)とリチャード・バートン
監督 ヴィンセント・ミネリ
脚本 ダルトン・トランボ
マイケル・ウィルソン英語版
アイリーン・キャンプ
ルイス・キャンプ
原案 マーティン・ランソホフ英語版
製作 ベン・カディシュ
出演者 エリザベス・テイラー
リチャード・バートン
音楽 ジョニー・マンデル英語版
主題歌 シャドウ・オブ・ユア・スマイル
撮影 ミルトン・クラスナー
編集 デヴィッド・ブレサートン
製作会社 MGM
配給 MGM
公開 アメリカ合衆国の旗 1965年6月23日
日本の旗 1965年8月21日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,300,000[1]
興行収入 世界の旗 $14,000,000[1]
テンプレートを表示

いそしぎ』(The Sandpiper)は、1965年アメリカ合衆国のドラマ映画。当時、夫婦だったエリザベス・テイラーリチャード・バートンの、結婚後の初の共演作であり、主題歌『シャドウ・オブ・ユア・スマイル』は第38回アカデミー賞歌曲賞を受賞した。

自由な心を持つ美しい女流画家と、妻子ある学校長との半年間の恋を描くメロドラマ。題名の『いそしぎ』は、ヒロインが海岸で保護した幼鳥の種名(磯鷸)である。羽の折れた幼鳥をヒロインが手当てし、大空へ飛び立たせるエピソードは、登場人物の心情の変化を象徴している。[要出典]

ストーリー[編集]

シングル・マザーで無名の画家のローラ(エリザベス・テイラー)は、カリフォルニアの海岸の家で、9歳の息子ダニーと暮らしていた。自由な生き方を愛するローラはダニーを学校に通わせず、自宅で教育していたが、ダニーは裁判所の命令でミッション・スクールの寮に入れられてしまう。

ミッション・スクールの校長で牧師でもあるエドワード(リチャード・バートン)は、温順な妻のクレア(エヴァ・マリー・セイント)と共に学校を切り盛りし、新しい礼拝堂を建設するための寄付金集めに奔走していた。エドワードは、神や社会的な常識を否定するローラを感化しようとするが、逆にローラの自由な心に惹かれ、密かに逢瀬を重ねる仲となる。

ミッション・スクールに礼拝堂を建てるための寄付集めは、実は理事たちの脱税の隠れ蓑だった。エドワードは、校長の座を守るために、理事たちの計画に目をつぶっていた。しかし、ローラの影響で若い頃の情熱を取り戻したエドワードは、理事からの賄賂を突き返す。

理事会に逆らったエドワードは、ローラとの関係を妻のクレアに打ち明け、学校を去る決心をする。ローラもまた、妻とローラの両方を愛しているというエドワードに別れを告げた。エドワードは、考える時間が欲しいと言う妻を残し、ひとり当てもなく旅立って行った。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(1975年9月17日『水曜ロードショー』初回放送 ※ソフト未収録)。

参考文献[編集]

  1. ^ a b The Sandpiper (1965) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年12月21日閲覧。

外部リンク[編集]