徳田良仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

徳田 良仁(とくだ よしひと、1925年9月22日[1] - )は、日本精神科医

神奈川県横浜市出身[1]1953年東京慈恵会医科大学卒業。1959年東京大学生物系第二臨床大学院博士課程修了、医学博士。東京大学医学部附属病院精神神経科勤務。1961年日本医科大学精神医学教室講師1965年神経研究所附属晴和病院副院長。1991年、長谷川病院副院長。2001年、北野台病院勤務。日本芸術療法学会名誉会長、国際表現学会国際委員、日本精神衛生会理事。

著書[編集]

  • 『初歩・精神病理学 あなたも狂っていないか』光文社、1970 カッパ・ブックス
  • 『夢のひみつ』ポプラ社、1977 少年ブックス
  • 『芸術の人間学 画家10人の創造の軌跡』美術出版社、1978
  • 『現代人の夢診断 夢を創造的に生かすために』ティビーエス・ブリタニカ、1980
  • 『創造と狂気』1980 講談社現代新書
  • 『美的生活へのいざない』ティビーエス・ブリタニカ、1981
  • 『芸術を創造する力 イメージのダイナミックス』紀伊國屋書店、1986
  • 『心を癒す芸術療法 心に"いい汗"をかきませんか』ごま書房、1997

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • N.トマシェヴィッチ『死の画家ティスニカル』恒文社、1980
  • E.クレイマー『心身障害児の絵画療法』加藤孝正共訳 黎明書房、1980
  • マンフレート・イン・デア・ベーク『真実のゴッホ ある精神科医の考察』西村書店、1992
  • J.A.ルービン編『芸術療法の理論と技法』監訳 誠信書房、2001

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.376

参考[編集]