小林司 (精神医学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 司(こばやし つかさ、1929年3月21日[1] - 2010年9月27日[2])は、日本精神科医作家翻訳家青森県弘前市出身。日本シャーロック・ホームズ・クラブ非営利同好者団体)主宰[3]

人物[編集]

東京大学大学院博士課程修了。医学博士大宅壮一東京マスコミ塾第7期生。上智大学カウンセリング研究所教授を経てメンタル・ヘルス国際情報センター所長。

東山あかねは、洋子夫人の筆名で「二人で一人」と公言している位である。「シャーロック・ホームズ」関連の共著・訳を中心に数十冊刊行している。

小林は極めて闊達なエスペランティストとしても知られ、日本エスペラント学会顧問でもあった。エスペラントについてやその入門書、その開発者のザメンホフに関する著作も多く、共著・再刊を入れると100冊を超える著訳著を刊行。ジークムント・フロイト研究も著名。また、漫画家小林エリカの父でもある。

2010年9月27日骨髄異形成症候群により東京都杉並区の病院で死去。81歳没[2]

筆名[編集]

小林司はエスペラント関係の著作には朝比賀昇(あさひが のぼる)の筆名を使ったものが多数ある。この筆名は、エスペラントの著名な詩"La Tagiĝo"(ラ・タギージョ、意味は「夜明け」、「日が昇ること」)に由来する。また夫人の筆名の「東山あかね」はこの筆名と組になる名前である。

著書[編集]

  • 朝比賀昇『美しい英文の書き方』大学書林、1967 
  • 『精神医療と現代』日本放送出版協会1972年
  • 『頭の栄養学 秀才は食事でつくられる』光文社カッパブックス 1975
  • 朝比賀昇『世界をひとつの言葉で-ザメンホフ伝』国土社1976年
  • 『サラリーマンの心の病 仕事と遊びとノイローゼ』日本労働協会 1977
  • 『出会いについて 精神科医のノートから』日本放送出版協会 1983 NHKブックス
  • 『心にはたらく薬たち 精神治療薬と精神世界を拡げる薬』筑摩書房 1985(ちくまぶっくす)
  • 『なりたい自分になれる本 奇跡の行動療法』光文社カッパブックス、1986
  • 『心の健康学入門 ストレスからの脱出』国土社 1987
  • 『脳を育てる脳を守る』日本放送出版協会 1987 NHKブックス
  • 『性格を変えたいと思ったとき読む本 「新しい自分」への17章』PHP研究所 1988 「性格は変えられる ホームズとワトスンに学ぶ心理学講座」PHP文庫
  • 『知能がきまる三歳までの栄養 秀才赤ちゃんをつくる』社会保険出版社 1988
  • 『「生きがい」とは何か 自己実現へのみち』日本放送出版協会 1989 NHKブックス
  • 『悩んだら読む本:メンタル・ヘルス111のQ&A』PHP研究所1989年
  • 『頭をよくする栄養学』三笠書房1993年
  • 『カウンセリング事典』新曜社 1993
  • 『愛とは何か』日本放送出版協会 1997 NHKブックス
  • 『心の謎を解く150のキーワード 現代人の心の不思議がわかる!』講談社 2000 ブルーバックス
  • 『昭和ヒト桁パソコン挑戦日記』2000 宝島社新書
  • 『ザメンホフ 世界共通語を創ったユダヤ人医師の物語』原書房2005年
  • 『入門こころの科学 知りたい自分の心・わかりたい他人の心』あすなろ書房 2001

共著編[編集]

  • 朝比賀昇、石橋渡共編『エスペラント基本単語集』白水社1959年
  • 『新精神薬理学:行動への薬理学的アプローチ』医学書院1968年
  • 『日本エスペラント文献目録 1946-1972』朝比賀昇,峰芳隆編 エスペラント普及会 1973
  • 『学校精神衛生の展望』徳田良仁共編 日本精神衛生会 1975
  • 『精神医学図書総覧』編 岩崎学術出版社 1975
  • 『人間の心と性科学』1-2 徳田良仁共編 星和書店、1977-78年
  • 『医師・看護婦への道』東山あかね共著 ポプラ社<君たちの将来は>、1978年
  • 『ガス燈に浮かぶシャーロック・ホームズ』東山あかね共著 立風書房 1978
  • 『シャーロック・ホームズ』東山あかね共編 パシフィカ 1978 名探偵読本
  • 朝比賀昇、 萩原洋子『エスペラント運動の展望』世界文化研究会、1978年
  • 『シャーロック・ホームズ解読百科 推理小説の新しい楽しみ方』東山あかね共著 河出書房新社 1980
  • 『シャーロック・ホームズ讃歌』東山あかね共編 立風書房 1980
  • 『真説シャーロック・ホームズ』東山あかね共著 1980 講談社文庫
  • 『名探偵ホームズの世界』東山あかね共著 国土社 1983 日本少年文庫
  • 『シャーロック・ホームズの倫敦 写真集』東山あかね共構成・文 植村正春写真 求竜堂 1984
  • 『シャーロック・ホームズの深層心理』東山あかね共著 晶文社 1986
  • 『アイラヴシャーロックホームズ 「ホームズ物語」もうひとつの愉しみ方』東山あかね共編 ティビーエス・ブリタニカ 1987
  • 『解読シャーロック・ホームズ』東山あかね共編 東京図書 1987
  • 『ガス灯に浮かぶシャーロック・ホームズ』東山あかね共著 立風書房 1987
  • 『シャーロック・ホームズへの旅』1-2 東山あかね共著 東京書籍 1987-93  
  • 『詳説シャーロック・ホームズ』東山あかね共編 東京図書 1987
  • 『熟考シャーロック・ホームズ』東山あかね共著 東京図書 1987
  • 『探究シャーロック・ホームズ』東山あかね共編 東京図書 1987
  • 『患者の心を開く:看護とカウンセリング』桜井俊子共著 メヂカルフレンド社1988年
  • 『シャーロック・ホームズを100倍楽しむ本』東山あかね共編著 ほるぷ出版 1992
  • 『20世紀とは何だったのか マルクス・フロイト・ザメンホフ』なだいなだ共著 1992 朝日選書
  • 『精神医学・行動科学辞典 英独仏ラー和』徳田良仁共編 医学書院 1993
  • 『ホームズのヴィクトリア朝ロンドン案内』東山あかね共著 新潮社 1993 とんぼの本
  • 『シャーロッキアンは眠れない ホームズ物語に隠された63の謎』東山あかね共著 飛鳥新社 1994 「シャーロック・ホームズの謎を解く」宝島sugoi文庫 
  • 『4時間で覚える地球語エスペラント』萩原洋子共著 白水社 1995
  • 『図説シャーロック・ホームズ』東山あかね共著 河出書房新社 1997
  • 『シャーロック・ホームズの醜聞』東山あかね共著 晶文社 1999
  • 『優雅に楽しむ新シャーロック・ホームズ読本』東山あかね共編 フットワーク出版 2000
  • 『シャーロック・ホームズ大事典』東山あかね共編 東京堂出版 2001
  • 『シャーロック・ホームズの推理博物館』東山あかね共著 河出書房新社 2001
  • 『カウンセリング大事典』編 新曜社 2004
  • 『看護・介護のための心をかよわせる技術 「出会い」から緩和ケアまで』桜井俊子共著 新曜社 2008

翻訳[編集]

  • エドモン・プリバー『エスペラントの歴史』大島義夫、朝比賀昇共訳 理論社1957年
  • クリフォード・アレン『異常心理の発見』岩崎書店 1965 のち角川選書、ちくま学芸文庫  
  • A.ベリー『一万年後』光文社カッパ・ブックス 1975
  • W.S.ベアリング・グールド『シャーロック・ホームズ:ガス灯に浮かぶその生涯』東山あかね共訳 講談社1977年 のち河出文庫 
  • J.E.ホルロイド編『シャーロック・ホームズ17の愉しみ』東山あかね共訳 講談社 1980 のち河出文庫 
  • ホール著、東山あかね共訳『ホームズ最後の対決』講談社文庫1980年
  • 『シャーロック・ホームズを読む 推理小説へのパスポート』エラリー・クイーンほか 東山あかね共編訳 講談社 1981
  • サミュエル・ローゼンバーグ『シャーロック・ホームズの死と復活 ヨーロッパ文学のなかのコナン・ドイル』柳沢礼子共訳 河出書房新社 1982
  • W.J.リーダー『英国生活物語』山田博久共訳 晶文社 1983
  • ロナルド・ピアソール『シャーロック・ホームズの生れた家』島弘之共訳 1983 新潮選書 のち河出文庫 
  • ヴィンセント・スタリット『シャーロック・ホームズの私生活』東山あかね共訳 文芸春秋 1987 のち河出文庫 
  • H.R.F.キーティング『シャーロック・ホームズ 世紀末とその生涯』共監訳 東京図書 1988
  • コナン・ドイル「ホームズは名探偵」東山あかね共訳 金の星社 のちフォア文庫 
消えたグロリア・スコット号 1989
ローリストン・ガーデン殺人事件 1989
怪事件まだらのひも 1990
花よめ失そう事件 1990
ボヘミア王の秘密 1990
青い宝石盗難事件 1991
アヘン窟に消えた男 1991 
なぞの赤毛連盟 1991 
恐怖の谷 1992
ギリシャ語通訳の悲劇 1993
インドの秘宝怪事件 1995
バスカヴィル家の魔犬 1997
  • ロバート・A.シュラー『人生の"上昇気流"に乗る法』三笠書房 1992
  • コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ全集」オーウェン・ダドリー・エドワーズ注・解説 河出書房新社 東山あかね、高田寛共訳
緋色の習作 1997
シャーロックホームズの冒険 1998
四つのサイン 1998
シャーロック・ホームズの思い出 1999
シャーロック・ホームズの帰還 1999
シャーロック・ホームズ最後の挨拶 2000
恐怖の谷 2001
シャーロック・ホームズの事件簿 2002
バスカヴィル家の犬 2002
  • ジョン・ラドフォード『シャーロック・ホームズ事件と心理の謎』東山あかね,熊谷彰共訳 講談社 2001
  • アングス・ゲラトゥリ,オスカー・サラーティ『マンガ脳科学入門 心はどこにある?』講談社 2001 ブルーバックス
  • ディラン・エヴァンス『超図説目からウロコの進化心理学入門 人間の心は10万年前に完成していた』講談社 2003
  • アイヴァン・ワード『超図説目からウロコの精神分析学入門 進化した解釈から最新の精神療法まで』講談社 2003
  • マギー・ハイド『超図説目からウロコのユング心理学入門 心のタイプ論、夢分析から宗教、錬金術まで』講談社 2003
  • ジャムヤン・ノルブ『シャーロック・ホームズの失われた冒険』東山あかね,熊谷彰共訳 河出書房新社 2004
  • 『フロイト最後の日記 1929~1939』ロンドン・フロイト記念館編 日本教文社 2004
  • 『ザメンホフ通り エスペラントとホロコースト』ロマン・ドブジンスキ, L.C.ザレスキ=ザメンホフ 青山徹,中村正美共監訳 原書房 2005
  • リチャード・アッピグナネッセイ文 オスカー・サラーティ絵『マンガフロイト入門 精神分析の創始者』講談社 2007 ブルーバックス

脚注[編集]

  1. ^ 追悼・小林司氏、財団法人 日本エスペラント学会
  2. ^ a b 小林司氏死去 精神科医 - 47NEWS(よんななニュース)
  3. ^ シャーロック・ホームズの謎を解く: 紀伊國屋書店BookWeb(小林司、東山あかね『シャーロック・ホームズの謎を解く』宝島社ISBN 97847966718042009年)の「著者紹介」の「小林司[コバヤシツカサ]」に「日本シャーロック・ホームズ・クラブ主宰者」とある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]