延江大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
延江 大輔
OB-Daisuke-Nobue.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県呉市
生年月日 (1989-02-03) 1989年2月3日(29歳)
身長
体重
184[1] cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 高校生ドラフト1巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

延江 大輔(のぶえ だいすけ、1989年2月3日 - )は、広島県呉市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

瀬戸内高から2006年に、オリックス・バファローズに高校生ドラフト1巡目で指名された。長身で左投げのサイドスローということもあり、ニックネームは、「瀬戸内のランディ・ジョンソン」である。

1年目の2007年は、まだ体の線が細いこともあり体力強化に勤しみ、1,2軍通じて公式戦登板はなかった。2008年に二軍で初登板するも制球難に苦しんでいた。

しかし、2010年の春季キャンプで岡田彰布に抜擢され、一次キャンプではMVPも貰う。その後オープン戦にも帯同し、2試合登板で防御率0. 00と開幕一軍入りも考えられたが、3月15日に非公式に行われた西武との練習試合で大乱調し、二軍落ち。その後も一軍への昇格機会が無いままシーズンを終えた。同年11月16日、左肘の内側側副靱帯再建手術を行なった[2]

2011年11月9日に戦力外通告を受け、同年12月2日に育成選手として再契約した[3]が、翌年の10月4日に再び戦力外通告を受けた[4]。10月31日に自由契約公示。

選手としての特徴[編集]

左のサイドスローから140km/h台中盤のストレートを投げ込む。このストレートは、本人が「日によって変化が違う」と述べるように不規則な変化を持ち味としている[5]。制球力はあまり高くない。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 47 (2007年 - 2011年)
  • 117 (2012年)

脚注[編集]

  1. ^ 選手名鑑 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト”. 2012年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月26日閲覧。
  2. ^ “【オリックス】延江が左ひじを手術”. nikkansports.com. (2010年11月17日). http://www.nikkansports.co.jp/baseball/news/f-bb-tp0-20101117-703253.html 2010年11月17日閲覧。 
  3. ^ 育成選手契約のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2011年12月2日). 2011年12月2日閲覧。
  4. ^ 戦力外通告のお知らせ”. オリックス・バファローズ オフィシャルサイト (2012年10月4日). 2012年10月4日閲覧。
  5. ^ “オリ延江に4種の魔球!予測不能な直球”. nikkansports.com. (2010年2月11日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20100211-594849.html 2010年2月11日閲覧。 

関連項目[編集]