廣野由美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

廣野 由美子(ひろの ゆみこ、1958年6月5日[1] - )は、日本の英文学者・著作家。専門は19世紀イギリス小説。京都大学大学院人間・環境学研究科教授。

略歴[編集]

大阪府生まれ。旧姓は浅間。1977年大阪府立茨木高等学校卒業。1982年京都大学文学部独文科卒、英文学に転向し、1991年神戸大学大学院文化学研究科英文学専攻博士課程単位取得退学、1994年博士(学術)。1996年、博士論文『十九世紀イギリス小説の技法』(英宝社)を刊行、福原賞受賞。1994年山口大学教育学部助教授、2000年京都大学総合人間学部助教授、2003年京都大学大学院人間・環境学研究科助教授、2008年教授。英文学、イギリス小説専攻。2016年~2019年、文部科学省科学官。日本ジョージ・エリオット協会会長。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『十九世紀イギリス小説の技法』英宝社 1996
  • 『「嵐が丘」の謎を解く』創元社 2001
  • 『批評理論入門-「フランケンシュタイン」解剖講義』中公新書 2005
  • 『視線は人を殺すか-小説論11講』ミネルヴァ書房 2008
  • 『ミステリーの人間学-英国古典探偵小説を読む』岩波新書 2009
  • 『一人称小説とは何か-異界の「私」の物語』ミネルヴァ書房 2011
  • 『謎解き「嵐が丘」』松籟社 2015
  • 『深読みジェイン・オースティン 高慢と偏見NHKブックス 2017
  • 『小説読解入門-『ミドルマーチ』教養講義』中公新書 2021
放送テキスト

共著[編集]

  • 『ヴィクトリア朝の小説ー女性と結婚』内田能嗣編、英宝社 1999
  • 『ジョージ・エリオットの時空-小説の再評価』海老根宏・内田能嗣編、北星堂 2000
  • 『ギャスケル小説の旅』朝日千尺編、鳳書房 2002
  • 『越境する演劇』田中雅男・飯沼万里子編、英宝社 2004
  • 『ブロンテ姉妹を学ぶ人のために』中岡洋・内田能嗣編、世界思想社 2005
  • 『ギッシングを通して見る後期ヴィクトリア朝の社会と文化』松岡光治編、渓水社 2007
  • 『トマス・ハーディ全貌』日本ハーディ協会編、音羽書房鶴見書店 2007
  • 『ディケンズ鑑賞大事典』西條隆雄・他編、南雲堂 2007
  • 『ジェイン・オースティンを学ぶ人のために』内田能嗣・塩谷清人編、世界思想社 2007
  • 『エリザベス・ギャスケルとイギリス文学の伝統』日本ギャスケル協会編、大阪教育図書 2010
  • Dickens in Japan: Bicentenary Essays, Edited by Eiichi Hara et. al. 大阪教育図書 2013
  • 『ブロンテ姉妹と15人の男たちの肖像』岩上はる子・惣谷美智子編、ミネルヴァ書房 2015
  • 『言葉という謎-英米文学・文化のアポリア』御輿哲也・他編、大阪教育図書 2017
  • 『フランケンシュタインの世紀』日本シェリー研究センター編、大阪教育図書 2019

翻訳[編集]

  • ジェフリー・N・リーチ、マイケル・H・ショート『小説の文体-英米小説への言語学的アプローチ』(共訳)筧壽雄監修、研究社 2003
  • ジュリエット・バーカー『ブロンテ家の人々』(共訳)中岡洋・内田能嗣監訳、彩流社 2006
  • エリザベス・ギャスケル『ギャスケル全集・別巻 I(短編・ノンフィクション)』(共訳)日本ギャスケル協会監訳、大阪教育図書 2008
  • マリアン・トールマレン編『歴史のなかのブロンテ』(共監訳)大阪教育図書 2016
  • ティム・ドリン『ジョージ・エリオット 時代のなかの作家たち 5』彩流社 2013
  • ジョージ・エリオット『ミドルマーチ』光文社古典新訳文庫(全4巻)2019.1 - 2021.3

テレビ出演[編集]

  • 100分de名著「メアリ・シェリー フランケンシュタイン」[2]Eテレ、2015年2月期、ゲスト講師
  • 100分de名著「ジェイン・オースティン 高慢と偏見」[3]Eテレ、2017年7月期、ゲスト講師

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.339
  2. ^ 名著41「フランケンシュタイン」:100分 de 名著”. www.nhk.or.jp. 2019年5月11日閲覧。
  3. ^ 名著67 「高慢と偏見」:100分 de 名著”. www.nhk.or.jp. 2019年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]